Keystone logo
© European School of Economics
European School of Economics

European School of Economics

European School of Economics

序章

European School of Economics ( ESE ) は、多文化かつ実用的な国境のない私立ビジネス スクールであり、英国で完全に認定され、学習プロバイダー登録簿で承認されています。

ESEロンドン、マドリード、ローマ、ミラノ、フィレンツェのセンターで学士号、修士号または MBA、短期プログラムを提供しています。

ESE卒業生は、市場で最も競争力のあるビジネス プロフェッショナルの 1 人であり、国際的なマーケティング財務コミュニケーション、管理の分野で指導的な役割を担う準備ができています。 ESE学生は、学習コースを個別に調整できるため、次のことを行うことができます。

  • 世界中のESEセンターで留学
  • 学期ごとにキャンパス間をシームレスに移動する
  • 母国で学位取得のために同時に勉強する
  • 学部プログラムには最大 240 英国の単位を、大学院プログラムには最大 90 英国の単位を移行します
  • 9月、1月、または4月に学習を開始し、冬の開始日からでも1年間の学習を完了する
  • ファッション、イベント、音楽、スポーツ、アート、メディア、人材などの最先端のビジネス分野に特化
  • 世界中の1500以上の主要組織から選択して、オンラインまたはオフラインでインターンシップを完了します

国境のない学校であるEuropean School of Economics 、高等教育における新しい概念です。学術の卓越性、国際性、実用主義を組み合わせたESE学位および認定プログラムは、新世代のリーダーや起業家を育成するために設計されています。

ESE創設者兼社長について

エリオ・ダンナは、独自の方法で教育哲学を表現する優れた講演者です。彼の言葉は、聞き手に、積極的な姿勢を維持し、存在の誠実さと統一を目指して絶えず努力するよう促します。世界中のリスナーが彼の革新的な哲学に魅了され、責任ある個人として、(幸福と)富の原則に触発されて健康な体を維持するよう奨励されています。世界の権威、ノーベル賞受賞者、政治家、経済学者、フォーラムや大学の教授や学生たちとの会談中にエリオが語る言葉は、まるで魔笛で奏でられる音のようだ。世界中の夢想家たちがこのESE言葉に耳を傾け、素晴らしい目的地へのガイドブックのように大切にしています。

入場料

ESEフルタイムの 3 年間の英国学位プログラムへの直接入学を提供します

合格した A レベル、IB 24、または 12 年間のアメリカ高校卒業資格以上の代替資格を取得した学生は、必要な GPA なしで入学する資格があります。さらに、 ESE適切な言語テストのスコアを提出するために、コース開始から 90 日間の猶予期間が与えられます。

英国の上場団体であるESE 、UCAS の外で登録を管理する権利を有しており、学生はいつでも直接かつ無条件に申請できる自由を与えられています。

ビザの要件

イタリアのEuropean School of Economicsで学びたいすべての留学生は、イタリアで学ぶための法的権利またはイタリア政府からの法的許可を持っていることの証明を提出する必要があります。

ビザは必要ですか?

あなたがヨーロッパ国民の場合、就学ビザや居住許可を申請する必要はありませんが、パスポートまたは国民IDの有効なコピーを提出する必要があります。

非ヨーロッパ国民の場合は、学習ビザを取得し、8 日以内に居住許可を申請する必要があります。

入学手続き中に、学生サービス部門がイタリア滞在に関する重要な情報を提供します。
彼らは、すべての留学生がビザの公式ウェブサイト「Visto Per L'Italia」に従ってビザを申請する前にどのような書類を収集する必要があるかを理解するのに役立ちます。
適時にビザ手続きを開始するのは学生の責任であることに注意してください。プロセスに時間がかかる可能性があることを考慮して、学生には時間通りに申請することをお勧めします。
短期コース プログラムを申請する以下の国の国民は、学生はビザなしで 90 日以内であればイタリアに滞在できるため、学習ビザは必要ありません。

居住許可

学生がイタリアに到着してから 8 日以内に、最初のステップとして居住許可 (Permesso di Soggiorno) を申請します。この滞在許可により、学生は特定の期間イタリアで合法的に学び、イタリアに住むことができます。

イタリアの居住許可の申請は非常に簡単です。

学生は郵便局に行き、いくつかの用紙が入った白い封筒「Permesso di Soggiorno Kit」を請求する必要があります。フォームは 2 つあります。留学生は Modulo 1 のみを記入し、次のコピーを提出する必要があります。

  • パスポート(全ページ)、
  • 滞在期間をカバーする健康保険(ビザ申請時に提供されるものと同じ)、
  • 登録レターのコピー、
  • 経済的支援の証明 (ビザの取得に使用したものと同じ書類を提出できます)。

私たちの学生サービス部門は、フォームへの記入を支援し、提出物が適切に準備されていることを確認するために必要な情報をすべて提供します。

あるいは、学生は郵便局の専用デスクを Sportello Amico に紹介し、担当職員から支援を受けることもできます。

ESEの手順が完了すると、郵便局は指紋採取の予約通知書とともに滞在許可証の受領書を発行します。

注意: 滞在許可申請書の受領は、申請が処理中であることの法的証拠となります。学生は領収書を必ず持参しなければならず、中央入国管理警察署(ローマ、フィレンツェ、ミラノ)での指紋採取の予約に必ず出席する必要があることを思い出させられます。

学生の声

場所

  • London

    Mandeville Place, 11-13, W1U 3AJ, London

  • Madrid

    Calle Antonio Maura 12, 28014, Madrid

  • Rome

    Corso Vittorio Emanuele II, 154, 00186, Rome

  • Milan

    Via Paolo Lomazzo, 19, 20154, Milan

  • Florence

    Borgo Santi Apostoli, 19, 50123, Florence

質問