BEng鉱山工学

一般

講座の説明

許容可能な価格での鉱物製品の適切な供給は、現代の産業化にとって不可欠です。鉱業工学には、鉱物資源の採掘と処理を経済的かつ持続可能な方法で行う実践、理論、科学、技術、応用が含まれる。また、付加価値のためのミネラルの処理も含まれています。このコースは、採掘作業の設計、運用、管理が可能なエンジニアを生産するように設計されています。

このコースでは、探鉱から管理、環境問題など生産に至るまで、関連するすべての採鉱プロセスについての理論的、実践的な知識を身に付けることができます。このプログラムは、ボツワナおよび周辺地域の鉱業の拡大に積極的に貢献するポジションです。鉱業エンジニアリングは、地質、土木、機械、材料工学の要素を含む学際的な分野です。持続可能性と環境への影響を最小限に抑えながら、効率的かつ安全に鉱業を実施する方法を学びます。

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

The Botswana International University of Science and Technology is a Government of Botswana supported institution established through the BIUST Act (CAP 57:05) as a research-intensive University that ... もっと読む

The Botswana International University of Science and Technology is a Government of Botswana supported institution established through the BIUST Act (CAP 57:05) as a research-intensive University that specializes in Engineering, Science and Technology at both undergraduate and graduate (Master’s and Doctoral) levels. It is located on an expansive and ecologically diverse 2,500-hectare site of gently sloping land in the Tswapong Hills, south-east of Palapye. The University is a national strategic initiative that is intended to serve as one of the key platforms for transforming Botswana’s economy from being resource based to knowledge-based through skills capacity building in Engineering, Science, and Technology. 閉じる