B.Eng。エネルギーシステム工学の

一般

講座の説明

現代の生活では、いつでもどこでも電源に無制限にアクセスできることが期待されています。ただし、この供給の将来は、風力、地熱、太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーにあります。

エネルギーシステムエンジニアリングの学生は、電源を化石燃料から再生可能なエネルギー源に変換するスキルを備えたエンジニアとしてトレーニングを受け、発電、変換、輸送、使用、貯蔵などのさまざまな分野に携わります。 。現在のエネルギーシステムの技術的および経済的側面を探求し、将来のエネルギーシステムの供給、統合、貯蔵に関する詳細な横断的専門知識を習得するための実践的および理論的な指導を通して学びます。あなたの未来は、この刺激的な過渡期の最前線にあり、新たな電源コンセプトの開発を形作り、エネルギーシステムの分散化に関与するか、スマートパワーグリッドの継続的な開発に取り組むことができます。

優れた世界的資格を持つエンジニアとして、将来に向けて持続可能な、より環境にやさしい電力産業を構築できます。

ファクトシートエネルギーシステムエンジニアリング

  • 学位:工学士(学士号)。
  • 期間:7セメスター。
  • 開始:10月(冬学期)。
  • 場所:ドイツ、プファルキルヒェンのヨーロピアンキャンパスロットタールイン。
  • コース言語:英語。
  • 入学要件:
    • 一般大学入学資格。
    • 英語レベルB2。
  • 料金:授業料なし、学期ごとに62ユーロの学生サービス料のみ。

キャリアの見通し

エネルギーシステムとその供給技術の変革は、エキサイティングな分野であり、将来のキャリアの存続期間にわたって支配的なままである主要なグローバル開発課題と見なされます。次の分野で卒業生としてのキャリアを伸ばしてください。

  • エネルギーシステムとスマートグリッドの開発。
  • スマートビルディング:インテリジェントエネルギー管理システムの設計と開発。
  • 展開、試運転、サービス、およびメンテナンス。
  • エネルギーシステムの監視と評価。
  • エネルギーネットワーク(電気とガス)の管理。
  • プロジェクト計画。

あなたは完全に英語で教えられ、この言語トレーニングはコースの異文化の側面と相まって、国内および国際的な就職市場で成功するための完全な準備をします。

件名の概要

プログラムEnergy Systems Engineeringのコースの概要(学習および試験規制から)、毎週の学期時間(SWS)、およびECTS(ヨーロッパの単位移動と蓄積システム)。

1学期 SWS ECTS
工学の分析原則 4 5
情報学I 4 5
電気工学の基礎 4 5
物理 4 5
化学 4 5
外国語I 4 4
後期 SWS ECTS
工学のための数学 4 5
情報学II 4 5
電気および電力工学 4 5
自然科学の研究室での作業 4 5
材料とデザイン 4 5
異文化コンピテンス 2 2
一般的な学問的性質の必須選択科目(AWP)I 2 2
外国語II 2 2
3学期 SWS ECTS
高度な数学 4 5
エネルギー技術 4 5
計測制御工学 4 5
エネルギー経済の基礎 4 5
科学的ライティングを含むプロジェクトワークI 6 6
外国語III 4 4
4学期 SWS ECTS
プロジェクトワークII込み。シミュレーションと設計 6 6
再生可能エネルギー 4 5
持続可能性 4 5
プラントエンジニアリング 4 5
義務選択I * 2 2
シミュレーションと設計を含むプロジェクト作業II 4 5
一般的な学問的性質(AWP)IIの必須選択科目 2 2
外国語IV 2 2
5学期 SWS ECTS
PLVセミナーを含むインターンシップ 30 30
6学期 SWS ECTS
電力グリッド技術 4 5
エネルギー貯蔵 4 5
スマートシステムとテクノロジー 4 5
必修科目II * 4 5
エネルギーシステムのラボ作業を含むプロジェクト作業III 8 10
7学期 SWS ECTS
グリッド管理 4 5
サイト計画とGIS 4 5
必須選択III * 4 5
学士論文を含む。学士セミナー 14 15
*必須選択科目I-III:学生は「選択科目プールI-III」から15のECTSクレジットを取得する必要があります。

選択科目のプールI-III

  • 高度な流体およびエネルギー技術
  • エネルギーおよび資源経済学におけるコンピューターシミュレーション
  • エネルギーとリソースの効率化
  • エネルギー経済政策
  • 起業家精神
  • 財務及び会計
  • 健康安全環境
  • 国際エネルギー規制
  • モデリング理論
  • MRO戦略とプロセスの信頼性
  • 運用プロセス
  • エネルギーシステム管理の原則
  • プロセス工学
  • プロセスの最適化
  • エネルギーシステムの安全とセキュリティ
  • 戦略的計画とプロジェクト管理
  • テクノロジーと知的財産権管理

出願期間

定期申込期間:

  • 4月15日から始まり、10月にエントリーします。
  • 11月15日〜1月15日は3月入場。

例外:

  • マスター戦略および国際経営アプリケーションポータルは2月15日までオープンし、3月にエントリーします。
  • 応用科学修士号のエンジニアリングサイエンスの申請期間は、4月15日〜6月15日が10月のエントリ、11月15日〜12月15日が3月のエントリです。
最後にMay 2020を更新しました。

学校について

We strive for academic excellence and indeed rank among the best universities of applied sciences in Germany. Founded in 1994, we are a modern, multi-award-winning and excellently equipped university ... もっと読む

We strive for academic excellence and indeed rank among the best universities of applied sciences in Germany. Founded in 1994, we are a modern, multi-award-winning and excellently equipped university offering undergraduate and postgraduate degree courses designed around the demands of national and global business and commerce. 閉じる
プファルキルヒェン , デッゲンドルフ + 1 もっと 閉じる