山梨学院大学国際リベラルアーツ学部

はじめに

今リベラルアーツ教育がなぜ必要なのか?

iCLAでの教育の基本は
リベラルアーツです。
リベラルアーツ型教育の真髄は
専門分野に焦点を絞るのではなく
幅広い分野を学ぶことにあります。

カリキュラムは、人文教養、社会科学、数的推理、自然科学、保健体育の五つの知識領域にわかれています。その幅広い分野から得られた知識を連結・統合させることにより、特定のキャリアに焦点を合わせない自由度の高い選択肢を持った人材を育てるのです。将来の活躍の舞台である国際社会を視野に、授業のほとんどは英語で行われます。英語は、英語を母国語としない国でも第二外国語として国際的に通用します。そのために入学してからはキャンパスにある寮で生活を送り、英語の習熟に集中してもらいます。

iCLAのリベラルアーツは何が違う?

各国から集まっている教員の経験と
資質のレベルが高く、
専任教員の80%以上が外国人教員

小人数制の授業と
高いレベルの外国人教員

1学年の定員は80名で1クラスの標準学生数は20名以下。学生対教員比率は最大でも12:1でインターアクティブ(学生参加型)な授業となります。外国人教員はアメリカやイギリスのみならず世界各国から採用し、世界中の有名校の出身者或いはそれらの大学で教鞭を執った経験のある優秀な人材を集めています。また、アカデミック英語プログラムは、英語を母国語としない日本人学生にとって重要な第二外国語習得論を理解したメンバーで構成されています。これらよって学生一人一人に適した学習が可能となり、しっかり授業について行けるよう指導します。様々な学問分野に触れながら、学生がパッション(情熱)を傾けられるよう、そして才能とパッションがいつでも交差するような環境を制度として設けることも大学の役目です。iCLAでは講義形式ではなくディスカッション形式で、学生が主体的に学び、指導者はその様子を見ながら理解不十分な場合は軌道修正してゆきます。

最新設備の寮と
分野横断型カリキュラム

世界的に有名な建築家・伊東豊雄氏デザインによる最先端の設備を備えた教室で学び、最先端の学生寮で生活します(1学年全寮制)。外国人留学生・交換留学生も同じ学生寮で生活し、1グループの中には必ず外国人留学生が入っています。それによって1日中英語漬けの生活となり、また異文化同士のコミュニケーションによる新しい想像力が身に付きます。リベラルアーツ式教育プログラムの特徴は「分野横断型カリキュラム」です。人文教養、社会科学、数的推理、自然科学の知識領域に加え、iCLAでは日本研究プログラムもあります。知識領域では、音楽や絵画といった芸術分野から武道にまで領域を広げました。日本研究では尺八や琴、書・華・茶道など多岐に渡り、全体の科目・ワークショップ数は約140もあります。これらを体験しながら“知の交差点”を探り、直感や想像力、幅広い視野を育みます。

iCLA国際リベラルアーツ学部を選びたくなる8つの特徴

point 1 アメリカ式リベラルアーツ型教育

ジャンルを超えた幅広い学問分野を学ぶ

リベラルアーツは一つの科目に集中するのではなく幅広い分野の学問を学びます。それによって固定観念にとらわれない豊かな感性・表現力を養うことができます。その後、人文教養、社会科学、数的推理、自然科学、保健体育からなる五つの領域から科目を自由に選択して自分の可能性を探し、自身の能力に相応しいものを見つけるのです。多様化する社会に対応できる国際人を目指します。

point 2 ほとんどの授業は英語で開講

専任教員の約80%は外国籍

国際リベラルアーツ学部の専任教員は約80%が外国籍で、ほとんどの授業が英語で行われます。英語で多角的に学ぶことを通じ高度にアカデミックな英語力を修得し、学術的な英語によるコミュニケーションができる能力を身につけます。

point 3 英語集中プログラム EAE

アカデミック英語EAE

英語による授業や海外留学に必要とされる英語力を身につけるための英語集中プログラムです。一人一人が無理なく確実にレベルアップできる体制を整えています。1年目からEAEを集中的に学習します。それぞれの学生のレベルに応じたクラス分けを行い、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングといった汎用的技能全般を一つの科目の中で総合的に強化します。

point 4 1年間の海外留学が必須

広範囲な留学先

iCLAでは、海外28校の大学と提携を結び、学費の負担をかけずに勉学に励むことが可能な交換留学生制度を取り入れています。留学先は広範囲に渡っていますが、英語圏のみにこだわっているわけではありません。それは、英語を母国語としない非英語圏の人とでも、英語でコミュニケーションをとる機会が多くなることがこれからの国際社会で予想されるからです。

point 5 少人数のインターアクティブな授業

教員とのコミュニケーションを重要視

教員と学生の比率が1:12と少人数の教育環境を作ります。少人数制により、教員と学生との距離が近くなるだけでなく学生同士のコミュニケーションも密になることでしょう。教員が学生をファーストネームで呼べるようになれば、英語による密度の濃い授業ができるはずです。英語のレベルアップに少人数制クラスは欠かせないのです。

point 6 批判的、創造的、自立的、グローバル(CCIG)な思考力を習得

物事のウラを読む思考力

批判的であることは自分が正しいと思ったことをもう一度見直し、間違いがないか確かめる。創造的であることは自分の知識を成長させるエネルギーです。そして自立的でグローバルな思考は国際的センスを養うのです。

point 7 カリキュラム横断型作文プログラム Writing-Across-the-Curriculum;WAC

思考力と英語によるコミュニケーション能力を修得

学生が一つの課題テーマについて、卒業まで一貫してそのテーマに関する英語及び日本語によるレポートを継続的に作成するというプログラムです。テーマはiCLAが用意した12の既定テーマから一つを選択します。またそれ以外にも学生自身による独自テーマを選択することも可能です。レポート作成にあたっては担当教員や言語学習センター(LAC)所属アドバイザーの指導助言を得ながら着実に取り組みます。

point 8 最新の学生寮で留学生との共同生活を体験

国際色豊かな寮生活

入学後の1年間は、全員に入寮が義務づけられています。その学生寮には海外からの留学生も生活しているので、まさに朝から晩まで英語漬けとなるのです。部屋は基本的に個室。寮内にはそれぞれの学生同士が交歓できるようコミュニケーションスペースが確保されています。外国人留学生との日常的な交流は、将来への財産となるはずです。

世界から求められる人材になる。

今、国際社会が求めているのはどのような人材でしょう?

流暢な英語が話せて日本語と英語の双方における高度なコミュニケーション及びプレゼンテーション能力があること。批判的・創造的・自立的・グローバル(CCIG)な思考力が備わっていること。経済学やビジネスの基本的知識を理解していること。異文化や外国語に対する親しみと理解を持っていることなどが考えられます。
iCLAのリベラルアーツ型教育プログラムでは、これからの世界から求められる人材になるための教養とセンスが身につきます。

卒業後はグローバルな活躍。

EAE(アカデミック英語) や英語で行われる授業、交換留学生とのキャンパスライフそして1年間の海外留学では職場での英語コミュニケーション能力を含め高いレベルの英語力を身につけることができます。

非常に幅広い分野を網羅するリベラルアーツ型カリキュラムを通じて、自分が将来情熱を注ぐ分野を見つけるための高水準の一般教養と生きる姿勢が身につきます。卒業後は修得したグローバルな感覚を武器に様々な国際社会の舞台で活躍できます。さらに、海外も含む大学院に進学し一層の専門分野の教育を受けることも奨励されます。

グローバルな思考を持つ人材を世界は待っている。

日本独自で進化したガラケー(ガラパゴス携帯)は高度な技術と性能を持っていましたが、世界標準にはなれずスマホ(スマートフォン)に取って代わられています。世界で活躍するためにはグローバルな思考力を養わなくてはならないのです。どんなに英語を勉強しても、リベラルアーツを学習しても、日本を出て海外で実践しなくては真の世界観は身につかないと考えます。そのために海外留学は大きな意味を持っているのです。まずは海外に出て世界を経験する。その1年は、キミの卒業後の進路に大きな夢と方向性を与えてくれることでしょう。卒業後は自分自身の足でしっかりと地球を踏みしめ、世界のどこにでも飛んで行ける行動力を持った社会人になっていることでしょう。世界が相手です、行き先は無限にあることでしょう。

入学から卒業

1年

国際リベラルアーツ学部(iCLA) に合格した学生は全員キャンパス内にある学生寮(個室)に入ることになります。

2年

1年間の海外留学が必修(2年次ないしは3年次)。
海外留学には留学先大学との交換留学制度を利用します。

3年

1~2年次に学んだ英語力、知識力、思考力がしっかりと定着し、教養の引き出しがどんどん増えてゆきます。

4年

国際リベラルアーツ学部(iCLA)を卒業した際に得られる学位は「学士(国際リベラルアーツ)(Bachelor of International Liberal Arts)」を予定しています。

国際的な交流の場

学生寮には海外からの交換留学生も入寮しているので、日本に居ながら国際的な交流を毎日のように経験することになります。日本人だけで集っているとつい日本語だけで話してしまいます。国際的なこの寮は、iCLAで学ぶEAE(アカデミック英語)による英語の反復学習にはまたとない環境です。さらにLAC(言語学習センター)を活用することで短期間で飛躍的に英語力を鍛えます。

1年間の海外留学

学生には1年間の海外留学が義務づけられています。この海外留学は提携先大学との交換留学制度によるもので、本学部から1名が留学した場合、その交換として留学先の大学から1名の留学生が本学部へ学びに来ることになります。このため留学中の学費を別に負担することはありません。留学先には英語を母国語としない国の大学もあり、その国の言葉も学習できる他、将来のビジネス活動を視野に入れれば英語圏だけに限らないとてもグローバルな感性を身に付けることができるのです。

知識の結合

学年を重ねるにつれ英語力もどんどんスキルアップしてゆきます。ここでは、様々な分野の学問の中から自分に合ったカテゴリーに取り組むようになるでしょう。そこで、リベラルアーツで学んだ広範囲な学問を通して知識を結合させるカリキュラム横断型作文プログラムが意味を持ってきます。学生は、右脳と左脳を結合させるようなフレキシブルな考え方をこうして自然と修得してゆくのです。

卒業要件単位は124単位

各年次末において、特段の進級の判断は行いません。授業科目の履修に対しグローバル・スタンダードに基づく「コースナンバー(Course Number)」制を採用しています。学生が入学直後から計画的な科目選択を行えるよう学修内容の質の保証を行うと共に、段階的な学習を促しつつ学修成果についても質の保証ができるよう配慮したカリキュラム運営を前提としているからです。

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語

表示 Bachelor »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

Bachelor

哲学と宗教学:国際教養科目で学士号

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

このコースは、グローバルな視点から遠く離れた場所や遠くの回を探索するための招待状です。我々は最後の2千年の間、人、モノ、アイデアの世界的な旅行を検討していきます。 [+]

哲学と宗教学:国際教養学士 世界歴史 このコースは、グローバルな視点から遠く離れた場所や遠くの回を探索するための招待状です。 我々は最後の2千年の間、人、モノ、アイデアの世界的な旅行を検討していきます。 私たちは、グローバルな貿易、移行、および知的交流が世界を変え方法を学びます。 私たちは、新しい技術の到着を検討すると、彼らは、世界経済がどのように変化しますか。 我々はまた、強力な帝国と国際武力紛争の起源と余波の盛衰を見ていきます。 当社のグローバルなアプローチは、私たちは、世界の歴史の中で主要なイベントを識別し、私たちが今住んでいる世界のために彼らの影響を評価することができます。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにすべきである:1。 歴史家の分析ツールを使用して、歴史的に2思考の喜びと挑戦を感謝しています。 世界史の重要なテーマを特定し、その重要性3の理由を与えます。 異なる場所や時間に他の人の位置に自分自身を入れて、歴史4上での視点を考慮してください。 過去のトピックに関するエッセイを書き、クラス5にそれを提示することによって、講義で得た知識を適用します。 歴史的な観点から、毎日世界のニュースと係合、今日のイベントの歴史的背景を考えると、その世界的な影響を評価します 日本の歴史 このコースでは、その初期の初めから現在までの日本の波乱に富んだ歴史を探ります。 私たちは、徳川幕府とその激動の崩壊に入れる前に、古代と中世の日本の調査で始まります。 私たちは、その後、西洋との間の緊張に細心の注意と近代日本の歴史を研究する「日本らしさ。」私たちは、戦後の経済と政治とどのようにこれらの分野での変換は、日常生活に影響を与えているの主な変更点にも焦点を当てます。 コースは、グローバルな文脈に対する日本の歴史の緊密な接続を照らします。 これは、インタラクティブな講義型のコースです。 生徒は、クラスの前に宿題を完了するために、クラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 このコースの終わりに、学生べき:1。 履歴パターンおよびその他の国2のそれと日本の歴史を結びつける定期的なテーマを識別することができます。 過去3の意味を理解する、歴史的な視点を採用する二次ソースの懸念や意図を識別し、異なるアプローチの意識を開発するために、一次情報源にアクセスして読み取る方法を知っています。 世界における日本の現状は、国の歴史4に埋設されているかの認識を得ることができます。 前方に引数を入れて明確かつコヒーレントな方法5でそれを開発することによって、歴史的な出来事について書くに徹底的に取り組んでいます。 ディスカッションやプレゼンテーションでアイデアを明確にし、洗練する方法を学びます 日本の技術の歴史 このクラスでは、1800年代から現在までの日本の歴史の中で技術の役割を検討します。 当然の最初の部分では、1930年代半ばまでの日本の急速な工業化に従います。 私たちは、徳川技術の遺産、明治期間中の技術移転・普及の役割、および日本の大規模な産業の出現を探求します。 第二部では、このようなゼロ銭の戦闘機、新幹線、およびヒューマノイドロボットのような現代の日本の技術のアイコンを見ていきますと、技術や第二次世界大戦、技術と日本経済の奇跡のより広い文脈にそれらを入れ、日本の変化する社会における技術。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにすべきである:1。 日本の技術改造2の歴史的ルーツを識別します。 国際競争と協調3のコンテキストに、日本の技術開発を置きます。 工業大国4への日本の台頭における技術の役割を評価します。 主要な政治的、経済的、社会的発展に、日本の技術の歴史を接続 哲学・宗教学 哲学、文化・文明 このコースでは、世界の文化や文明の一部に関連した哲学の役割を見て、中央概念と哲学の目的を紹介します。 特別な参照は西洋文明に行われるが、我々は文明間の相違で均等に興味を持っています。 私たちは共通点を見つけるための条件は文明を可能にするものを調査するために、文明の初期の起源を調べます。 例えばE.カッシーラーとANWhiteheadなどの文化と文明の重要な哲学者のアイデアを活かしながら、コースはまた歴史、考古学、人類学、宗教学、比較哲学、倫理学や美学からの視点など、現代的な学際的研究、上に描画します。 文明の主要な概念の入門一般的な説明は人間の条件、自己の概念、社会組織、および紛争の解決のために葛藤と希望の源を理解する方法の比較ビジョンを提供します。 コースは、古代から現在までの哲学の発展に関連して、いくつかの世界の文明内のいくつかの重要な概念をトレースします。 特別重点がコンセプト、私たちはより良い現代の人間の問題を理解するのに役立つ可能性が西洋文明とのための基礎的な意義を持っていた哲学的アプローチやアイデアに配置されます。 私たちは、文化が相互作用したように、文明は、科学、技術、政治、宗教、芸術と人間の懸念や価値観を変えるの発展によって形質転換されているように西洋哲学が変更と開発のいくつかの段階を経て移動したことを強調します。 私たちは、文学や芸術の主要な作品は、多くの場合、これらの動向を反映する方法を調査することによって哲学の開発に段階を明らかにしていきます。 目標 (i)は、自然と人間の文明とユニバーサル創造的な現象とみなさ哲学のルーツを調べるために、 (ⅱ)の哲学であり、第一の選択肢は異なる文化や文明が提供する哲学的研究の範囲内に近づくかを理解すること。 (ⅲ。)人間の問題に対処することを理念と文明の研究の実用化を調査する:(iv)の人間の文化、価値観、歴史の学生の理解を高めるために、 (ⅴ。)学生の分析と批判的思考スキルを向上させます。 (VI)の学生で哲学は各文明にどのように寄与するかを理解するために創造的&重要なアプローチを育成します。 西洋哲学史 このコースは、20&21世紀における哲学、古代ギリシャの哲学者から西洋哲学の伝統の中核を形成するテーマや思想家を調査します。 注意が西洋の宗教的伝統だけでなく、芸術と科学は、西洋哲学と相互作用している方法に与えられています。 議論する哲学者や哲学は、次のとおりです。事前Socratics。ソクラテス;プラトン;アリストテレス;アウグスティヌス;デカルト、スピノザ&合理主義。 J.ロック&経験主義;カント;ニーチェ; W.ジェームズ&プラグマティズム。ハイデガー、サルトル&実存主義。分析哲学と現象学の台頭。哲学今日。 私たちは、西洋文化における哲学の中心的な場所を理解することによって、より完全に西洋の文化を理解することを目指しています。 私たちは、哲学が世界的規模でかつグローバルな問題の解決に向けての理解にどのように貢献できるかを尋ねます。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(私)を特定し、哲学のいくつかの中心的な問題を理解し、どのように重要な哲学西洋の伝統で、これらの問題に対処してきました。 (ⅱ)これらの哲学的な質問と独自のビューをサポートするために、その理由の上の自分の意見を表現。正しいか間違ったことを行うため、またはどのような実数であるか、何が何であるか:(iii)の人々はこのような問題について反対してきたさまざまな方法(その読み、重要かつ論争のスキルを精製した結果として)、より完全に理解します私たちは本当に知っています。 (ⅳ。)より完全に理解し、現在に古代ギリシャ人から歴史的に開発している、と西洋の思想、文化や制度に影響を与えたか哲学幅広い学際的な視点を持ちます。 歴史と科学の哲学 このコースでは、科学の目的、プラクティス、および制限を理解する方法として、哲学で提案されている主要なアイデアやアプローチを紹介します。 我々は現在に19世紀後半からのものに特別な注意を払って、提案されているいくつかのアプローチ調査:実証主義やライヘンバッハの論理経験主義を。ポパーの批判的合理主義。科学革命のクーンのアカウント。ファン・フラーセンの建設的な経験主義。 Giereの遠近法主義と科学の社会学におけるいくつかのアプローチが含まれます。 科学のこれらのアカウントの妥当性を評価するために、我々は科学の歴史の中で重要な進展を調査します。 デウィットの世界観のアプローチに続いて。 (第2版、2010年)、私たちは、天文学や宇宙論に理論を変更することに特別な参照して、アインシュタインにガリレオとニュートンを通じてアリストテレスの科学からのパスをたどります。 しかし、我々はまた、DNAの構造の発見だけでなく、科学的な思考の歴史の中で他のエピソードのホストにダーウィンを通じてアリストテレスから生物学のルートをたどります。 私たちは、科学史からのケーススタディを参照することにより、上述したとおりである科学を理解するための様々な代替的なアプローチで発見することができますどのような長所と短所尋ねます。 私たちは、科学の論理(演繹および誘導)の役割を検討してください。 そして、我々は科学の限界があり、科学的な知識が今日倫理や社会的問題にどのような関連性を有していてもよいものを調べることによって、用語を終了します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(私は)科学哲学今日の中心にいくつかの主要な問題の理解を表示します。 (ⅱ)科学や歴史、そしていくつかの長所と、各アプローチの弱点を解釈するために、過去の世紀に使用される主要なアプローチのいくつかの現状; (ⅲ)研究の主要なアプローチの長所と短所のいくつかを説明する科学の歴史から例を挙げてください。 (ⅳ)コヒーレントに天体の運動の理論が古代のアリストテレスの見解やニュートンもアインシュタインへの彼の前任者から改善された方法について説明します。 (v)はコヒーレントにダーウィンの進化論に生物学におけるアリストテレスのアイデアからの移行を議論し、ダーウィンの進化論のいくつかの一般的な誤解を概説します。 (VI)は、主要な概念と形式論理の用語に知人を表示します。かどうか、および内での情報に基づいた方法で、(VII。)コメントは、どのような方法があれば、科学は倫理的な問題に適用することができます。 科学と芸術における創造 創造性はすべての人間の生得権です。 我々は、多くの場合に注意する、または考慮していない方法で創造的です。 しかし創造たちは他人でそれを遭遇とき私たちは価値何かがです。 私たちは自問する:どのように私はより創造することができますか? そして結局、創造性は何ですか? このコースでは、創造性があり、それが関与するものの要因かの重要な質問を調査することを目指しています。 創造性に関する当社の考え方は、最初の私たちの家の文化やしつけによって形作られています。 だから我々は、いくつかの神話や創造の物語とどのような彼らは創造性について明らかにすることができるを考慮することから始めます。 その後、我々はANWhitehead、E.カッシーラー、I.Kant、およびM.Bodenの作品で創造性についての哲学で開発されたいくつかのアイデアを検討します。 一般的創造的なプロセスを理解するための最も成功したアプローチは、学際的研究によるものであることを本日開催されています。 これは、我々が使用するアプローチです。 1.individual、2.social、および規律や仕事の3.symbolシステム:M.CsikszentmihalyiとH.Gardiner作品のリードに続いて、私たちは創造的なプロセスのために識別されたコアの要因を探ります。 その学際的な枠組みは、その後、いくつかのケースの創造的な科学者の研究(アインシュタイン、ダーウィン、コペルニクス)、アーティスト(画家のP.Picasso、ジャズミュージシャンJ.Coltrane、ダンサーマーサ・グラハム)の慎重な探査に適用されます。 私たちは、創造性と、これらの個人の作品を通して辿ることができる特定の創造的要因の中核概念があるかどうかを確認しようとします。 私たちは、進化論は創造のプロセスについて明らかにすることができるものを尋ねることによって、ダーウィンから学ぶことを試みます。 最後に、我々は我々のコアの質問に戻る:創造的な表現と技術革新を可能にするもの? 用語の最後の数週間で、学生グループは、独自のケーススタディと結論を提示します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります創造的なプロセスの少なくとも二つの代替理論の1.Outlineコアアイデアや原則といくつかのフィールドからの情報がこれらの理論の開発に使用されている方法を示すこと。いくつかのフィールドを使用しての学際的なアプローチを使用することによって得られるもの2.Discuss。私たちは途中で研究している人について、個々の科学者やアーティストの活動を説明するために創造的なプロセスの3.Apply少なくとも二つの理論。 4.Applyコースでカバーされていないアーティストや科学者の創造的なプロセスの少なくとも二つの理論。 5。 (!)仲間の学生のプレゼンテーションへの対応で、重要な探求心や創造的なスキルを表示します。彼/彼女は創造性についての考えを適用するために、次の操作を行います何6.Discuss。 比較哲学 このコースでは、研究哲学者や問題への知的・文化的背景を調査することにより、過去と現在、いくつかの異なる文化の文脈におけるいくつかの重要な哲学的な問題と概念の探求です。 コースはトーマス・カスリスの親密さと整合性を慎重に検討を開始します。 理念と哲学と伝統の間の文化の違いを理解するための動的な一般的なフレームワークが詳述されている文化の違い(2002)、。 その後、我々はカスリスのモデルを適用することにより、比較の視点を開発することを目的として、ヨーロッパ、中国、インド、日本の哲学の例に注意を向けます。 コースのテーマは次のとおりです。知識や合理性を、代替現実のあるものの理解と文化相対の質問。心と自我の概念;良いと理想社会の概念;異なる文化の芸術の作品の役割と感謝。 もちろん最終週での講義および/または生徒のグループプレゼンテーションのテーマの例:デカルト、ロックとインドの哲学者の経験、自己&個人のアイデンティティ;古代ギリシャと中国の哲学で良いの概念;このようなニーチェのような西洋哲学者の仕事に解釈され、西谷啓治の哲学のようニヒリズム。キー西洋の哲学者との関係で哲学の京都学派の他のテーマ(西田と西谷)。音楽における創造的表現への哲学と宗教の関係についての代替ビュー。和洋芸術の間の違い。自然や環境問題のために私たちの責任についてイースタン&西洋の文化で使用される概念。 目標 このコースでは、比較研究を通して、私たちは(私が。)、着手彼らはいくつかの異なる文化的設定に表示される学生はいくつかの主要な哲学的問題の理解と理解を開発します。 (ⅱ)学生は文化的な比較のカスリス 'メソッドを適用することに慣れます。 (iii)の学生は、哲学や宗教の視点との関連異文化間の類似点と相違点を明らかにする方法を学びます。 (iv)の学生は哲学者&哲学の間に明確な比較を行うことに注意と哲学の作品を読んだの、慎重に徹底的に、かつ正確な方法を開発します。 (v)の学生は、論理的かつ重要なスキルを向上させます。 (ⅵ。)学​​生は哲学の比較研究も同様に哲学、宗教や様々な文化の他の側面の理解を豊かにする方法を見に来ます。 理念と環境問題 このコースでは、環境倫理への特別な参照して、環境に関する主要な現代的課題に応じて、哲学のアプリケーションを紹介します。 私たちは、哲学が自然界のために私たちの責任を明確化しようとする際に使用されており、この課題への対応に使用されるアプローチの幅広い探求するいくつかの方法が検討されます:アルド・レオポルドの土地倫理を。費用便益環境保護などの実用的解析; A.Naessとディープエコロジーの哲学;エコフェミニズム。ブクチンの社会生態学。自由市場経済の対 将来の世代のための政治的責任。 原子力エネルギーの使用に関する森林資源の持続可能性と環境問題:アプローチのこの概要に続いて、我々はもちろんのための2つの主要なテーマに焦点を当てます。 我々は、上記の二つの問題に適用する方法上記のアプローチのいくつか調査します。 これらのコア例研究からいくつかの視点を達成した後、学生はその後、世界の水資源、気候変動、GM食品、または他の環境問題を減少させる(例えば)の問題を研究するために、自分の選択したアプローチを用いて、小グループや個々のプレゼンテーションを準備するであろう今日の私たちに挑戦。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにすべきである:1。 アウトライン中央概念と環境問題の研究に哲学を使用するために利用可能な主要な代替アプローチのいくつかの原則に存在します。 2。 環境倫理へのアプローチのうちの少なくとも2つを適用する現在の方法は、上記のテーマに限定されるものではない2以上の主要な環境問題に対処するためにコース内に研究しました。 3。 現在、環境問題を解決するための様々なアプローチのためにと賛否両論を批判し、改善、明確; 4。 主要な環境問題に関する学生自身の位置のプレゼンテーションで改善されたスキルを実証します。 環境に関する新たな情報が明らかにされているようにとの解釈がずれとしては、環境問題に誰のビューは長期間にわたって不変のままにするための非常にまれです。 このコースを完了した学生は、どのような方法で説明することができる必要があります(特に、なぜ)環境問題についての見解は、時間の経過と共に変化しています。 セミナー(哲学) セミナーの役割は、卒業研究プロジェクト(GRP)、すべての学生のための卒業要件が正常に完了したことをサポートすることです。 本セミナーでは、各学生は、GRPが哲学の分野からの理論、パラダイム、および概念のレンズを通して、ベースとなっているライティング・アクロス・カリキュラム(WAC)のプログラムのために選択したテーマを見ていきます。 学生は、論文の開発の様々な段階で自分の研究を発表して交代します。 仲間は、セミナーの講師の監督の下、議論し、プレゼンターが自分の論文を洗練する機会を与えるために、各プレゼンテーションを批評します。 このような相互作用を介してピアは自分たちのプロジェクトの問題を回避する方法を学習します。 目標 このコースの終わりには、学生があります:(i)は、(ii)の習熟度の高いレベルの独自の研究プロジェクトで行われ、および(iii)高品質を書かれた、哲学者の観点から重要な世界の問題を分析しました自分の選択したエリアの卒業論文。 世界の宗教 このコースでは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンズー教、そして東の伝統の一部を含む「宗教」と呼ぶことができる主要な伝統を研究しています。 私たちは歴史、教義、および慣行を含む一般的にそれぞれの宗教を調査し、特に私たちは宗教と政治の相互作用に焦点を当てます。 我々はまた、どのような宗教は信じて主張し、彼らは何実際に実践を検討します。それはどのように自分自身をようで、それが外から見られていますか。 コースは、インタラクティブ・講義形式で指定され、学生はクラスの議論に積極的に関与することが期待されています。 出席と参加のほか、各学生は、宗教が社会的紛争に関与した過去5年間からニュース記事を選択し、宗教団体のと部外者の両方のビューに着目した分析論文を書きます。 目標 コースの学生の終わりまでに、私は)主宗教的伝統の各の幅広い理解を持っていること、ii)相互に、全体として社会に宗教の相互作用や影響を分析することができ、ⅲ)関係することができるはずです世界の歴史と現代的なイベントへの宗教の知識、ⅳ)関連情報を収集し、状態にするために、それを合成し、自分自身の結論を擁護し、v)を提示し、議論に効果的に主張する方法を学ぶことができます。 比較宗教学 このコースでは、明確な規律としての登場以来、比較宗教の歴史的発展、および主要な貢献者と理論を検討します。 我々は直感的に「宗教」と呼ぶ行動をキャプチャする「宗教」の定義を開発の問題を見ていきます。 我々はまた、そのようなタブー、部外者の観点から、女性の役割、およびそれらが思い描く社会の構造のような宗教的伝統のいくつかの重要な側面を分析するために比較宗教学の方法を適用します。 特に注目は、伝統的なアニミズム、状態神道、および新宗教の一部を含む、日本における宗教、について説明します。 研究では、経験的および誘導のようになります。実際のプラクティスから結論を引き出すのではなく、第一原理から演繹します。 学生は毎週読んで割り当てられた材料を有することは、クラスの議論で自分の意見を主張し、弁護する準備があることが予想されます。 目標 学生は私に期待される)、比較宗教学の規律の開発の一般的な知識を持っているii)の理解と比較宗教学の方法を適用することができ、iii)の宗教的な日本の伝統やどのような比較宗教貢献に精通していますこれらの伝統の研究に、iv)のコースで得た知識に基づいた効果的な議論を策定し、提示することができます。 日本の武道スピリチュアル寸法と伝統 他の日本の伝統芸能など日本の武道は、重く禅、神道、儒教の伝統の影響を受けてきました。 これらを研究する一つの方法は、文献との両方の精神的、武道のマスターによって書かれた古典的なテキストを調べることです。 これらの多くは、英語に翻訳だけでなく、欧米の作家によって検討されています。 私たちは、鈴木大拙、宮本武蔵、オイゲンHerigel、Karlfriedグラーフ・フォン・デュルケーム、トーマス・クリアリー、トレバーレゲット、新渡戸稲造、ウィリアム・スコット・ウィルソン、そして他人の著作からの抜粋で批判的な視線がかかります。 このコースはまた、映画の中で普及サムライのステレオタイプを見て、学生はそれが日本の歴史の様々な時代にどのように変化したかだけでなく、侍の画像に視点を開発するのに役立ちます。 また、これらの概念のいくつかは、日本のマナーや振る舞い(shigusa)の影響を受けたかを検証します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになるはずである:(i)は、より良い学生はまた武道で使用される用語を理解することができる(ii)は、武道に従事することを希望するかもしれないことを任意の実用的な訓練の背後にある哲学的基盤を理解しますこのようなtanden、残心、およびmaaiとして、(iii)は、日本の武道の古典と現代的な文章からの参照を引用する議論にできること(ⅳ)によって選択したトピックからサムライ文化や歴史のいくつかの側面に短い論文を発表教授、および(v)はbunbuのichidoの概念に関する論文を書き、武道とリベラルアーツの習得。 ワークショップ:禅の練習 禅はよく中国から日本に道元禅師によって送信され、高度に室町鎌倉時代に開発された生活の方法、として日本で知られています。 それは、学生が日本の伝統文化の理解を得るのに役立ちます。 このコースでは、禅の基本でZAZENを、実践する方法を紹介します。 学生はそのようなお座り、立ち、歩く、と食べるように、日常生活の中で禅の基本的な動きを学びます。 彼らはまた、道元によって書かれた「FUKANZAZENGI」(国宝に指定座禅の命令)と「正法眼蔵」(仏の教えの本質的な心)を読み取ることによって学ぶことができます。 冬の期間中、学生は天龍(福井県で認可ZEN DOJO)に滞在し、2日間禅を実践しています。 彼らはまた、永平寺(道元禅師によって設立されたヘッド禅修道院)を訪問し、700年以上のために毎日開催されている朝の礼拝に参加します。 学生は積極的に参加すること、およびクラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(i)は、禅の実践で使用される基本的な用語を理解し、禅の一般的なアイデアや歴史を説明することができます。 (ii)が禅の方法で体を調整する方法を学習することによって濃度で快適に座ります。 (iii)の調和した人間の生活の基本的な部分になります日常生活に「禅食べる方法」を採用。 (iv)は、座っての練習に立って、禅の修道院で実践方法を歩いて安心して自分の姿勢を制御します。および(v)は予測できない現代社会の持続的かつ創造的な人生を生きる方法についての洞察を得ます。 ワークショップ:神道を体験 このコースでは、日本の伝統文化の重要な一部である神道の基本的な理論と実践、背景を提供します。 コースは神道が日本文化と芸術の多くを定義するだけでなく、日本人の哲学、宗教的感情、心理学に影響を与えるどのように役立ったかを示します。 理論のセクションでは、禅、佐渡、または合気道などの他の伝統的な日本文化表現、とも限らず、世界の宗教(含むシャーマニズム)との比較が含まれます神道や他の宗教や文化の比較、で開始しますが、 。 もちろん、このセクションでは、歴史や神道ガス、AP、¢、ÕâJ(禊、yakubarai、saishi)の基本理念に続く神道の古典「AAPjŽŒを(ooharaeの言葉)、カバーします。 このセクションの目的は、日本の神道の重要な検討を通じて、日本文化の中核要素として神道を理解することです。 また、思考や国際社会で活躍します学生のためのこのような理解の可能な実用性の議論につながります。 練習のセクションでは、学生は、「ZE、jŽŒ、-C(白秋、祝詞、れい)として神道の作法を学び、その後、これらの動きは、日本文化の中で身体言語や行動にどのように関連しているか検討します。 このセクションでは、神社やその他の関連サイトへのいくつかの訪問を含むであろう。 目標 (ii)の神道は日本文化、芸術、日本の人々の宗教的感情に影響を与え、そして伝統的なの基礎となったた方法を説明し、神道の基本的な概念を説明(ⅰ):このコースを完了すると、学生は、次の操作を行うことができるようになります日本文化、(ⅲ)(iv)の基本的な知識や神道の作法を習得し、説明し、彼または彼女の国のか、神道は、日本文化の発展に影響を与えたかの履歴を含む諸外国の人々に日本文化を紹介神社を訪問し、自分のまたは他の文化の人々にこれら。 インストラクター: リチャード・ディーツ 非常勤講師: ユルゲン・メルツァー [-]

国際教養科目で学士号:政治学

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

このコースでは、現代政治学を理解するための基本的な分析の枠組みや理論を提供します。 偉大な歴史的、政治哲学、現代の政治理論家と経験的な政治学者に描く、政治の基本的な側面探求されている(何を、なぜ、そしてどのように?誰が)。 [+]

国際教養学士:政治学 政治学入門 このコースでは、現代政治学を理解するための基本的な分析の枠組みや理論を提供します。 偉大な歴史的、政治哲学、現代の政治理論家と経験的な政治学者に描く、政治の基本的な側面探求されている(何を、なぜ、そしてどのように?誰が)。 特別な注意は、政府の現代研究、国際関係と公共政策を導く主要な政治学のモデルに与えられます。 目標 このコースの終了時に、学生ができるようになります政治学の重要な理論やモデルを特定し、評価的なフレームワークで使用する(I)、(II)Rawlesにプラトンから政治学の主要な人物の主要な貢献を明確にします、(iii)の話や書かれた形で政治学の文献で見つかった適切な知的フレームワークを使用して、主要な政策課題の上に引数を明確にします。 また、学生は(iv)は、ますます複雑な社会の市民のための効果的な政治とガバナンスの重要性を理解します。 社会政策 このコースは、2つの部分に分割されています。 最初のセグメントでは、(保健、教育、地域ケアを含む)社会サービスにおける政策と管理の練習でだけでなく、福祉(コーポラ、民主的、社会的、自由主義レジーム)の伝統的なモデルを見ていきます。 第二部では、サービス・デリバリー(ターゲティング、配給、裁量、とエンパワーメントユーザー)の形態に具体的に焦点を当てます。 ここでは、サービスの提供は、政府の直接提供はそれらの一方のみであること、様々な形態を通じて行われることを主張するだろう。 ますます、非営利と非営利組織、企業、および政府の請負業者は、政府と共同でサービスを提供します。 しかし、これらのパートナーシップは、多くの場合、サービスを変換し、結果を改善するのに役立つ可能性があり、ユーザーの資産の広い範囲を最大限に活用することができません。 世界中からベスト・プラクティスは、いつ、どのようにサービスの提供でユーザーを従事することを決定するためのプロセスの新しい知識を得るために使用されます。 目標 このコースの終わりまでに、学生i)が実世界の社会問題を解決するためのクラスで学んだ社会政策論を適用する方法を知っています。 ⅱ)ユーザーに権限を与えることによって、サービス・デリバリーにおける協調的アプローチの可能性を活用します。 ⅲ)サービス利用者と公共部門がより良い成果を達成するために、お互いの資産や資源をより有効に活用すると効率を改善するための新しい、創造的革新的かつ協調的な方法で一緒に来ます。 米国の政治 このコースは、アメリカ政府と政治の入門コースです。 コースは、アメリカの政治の両方の理論と実践的な情報を提供しています。 それは、政治学の広い分野内の複数の専門課程の多くのための基礎コースです。 私たちは、個人がアメリカの政治に参加させ、社会学的な政治的、経済的な力を検討します。 その後、我々は主要なアメリカの政治制度と政府の政策との関係を検討します。 このコースは、政治学の入門レベルのコースです。 これは、アメリカの政府に関する事前の知識を負いません。 あなたが必要とするすべての材料は、講義、教科書や朗読で提示されます。 目標 このコースの終了時に、学生はアメリカの政治や行政上の重要な学術研究に精通している(I)であろう。 (ii)の3つのすべての支店でのアクターとアメリカ政府の二つのレベルによって作られた法律や政策の形成に様々な機関が果たす役割を理解します。 (iii)は、最近と今後のアメリカの選挙に特に重点を置いてアメリカの政治行動の性質を理解します。 (iv)はアメリカ政府、政治や政策の主要メディアの解釈を分析し、理解するために必要なスキルを習得。 (v)を実施し、アメリカの政治における重要な政治的変数を分析する研究論文を生産することができます。および(VI)の主要な政策論争とアメリカの政治の現在の公共政策の問題点を理解しています。 ナショナリズム&アジアの民族紛争 このコースでは、主にアジアに焦点を当て、ナショナリズムの理論と事例を探ります。 ナショナリズムとは何ですか? なぜ、どのようにそれが起こるのでしょうか? それはどのように私たちの生活に影響を与えるのですか? それが消えるか、将来的に持続しようとしていますか? 我々は、サポートやナショナリズムのアイデアを批判するべきでしょうか? これらの質問を熟考するために、学生がフィールド内の主要な学者によって開発された既存の理論を学びます。 理論は、学生が「ナショナリズム」と「民族紛争」と呼ばれる社会現象を分析し、理解することにより、「道具」として機能します。 アジアの場合は、分析のために選択されます。 明治維新(1850 - 1880年代)、国家の威信(1890-1945)を最大化する戦時期、および「国家再建」の戦後の「国づくり」期間と国家の回復:日本のナショナリズムは3期間に焦点を当て、特に吟味されます名声(1945-)。 コースはまた、中国、韓国、インドとパキスタンの例を扱います。 目標 このコースを終了すると、学生が期待されている:(1)国が何であるかを理解し、ナショナリズムの概念を把握、(2)を理解するなぜ、どのようにナショナリズムが発生し、(3)ナショナリズムが被るかもしれないものの結果を知って、そして(4)日本のナショナリズムだけでなく、他のアジア諸国についての知識を得ます。 日本の政治と国際関係 もちろん、最初の75%が政治や重要な現代的な公共政策の国家レベルでの特別な重点を置いて日本政府と政治の重要な機関の(ⅰ)総合的な検討です。 日本政府と政治はまた、日本の歴史と文化の(ii)のフレームワーク内で議論されます。 最終的に25%が東アジアとの諸国と日本の国際関係の(iii)の検査に専用されている(iv)は、米国やEUなどの他の重要な貿易や安全保障のパートナー。 目標 このコースの終わりには、学生は、(i)(、(ⅱ)日本の政党システム、選挙と議会の間のダイナミクスを、戦後の日本の政治制度や政策の開発と動作を理解しますⅲ)、中国、ロシア、韓国との関係で影響日本を、(iv)の日米安全保障条約の意義だけでなく、それらの間の経済関係、(v)は現代のセキュリティ問題は、と書くことができます現代日本の政治や政府の重要な側面について分析し、学術エッセイ。 地球政治 世界の文化や政治のグローバル化は、国際関係を実践や学者によって研究されてきた伝統的な方法を変更しました。 このコースでは、(i)=ヴェストファーレン州の条約以来の​​パターンの(ii)の慎重な検討が続く国際政治の伝統に歴史的な視点で始まります。 さらに最近では、(iii)は、その多くの形態におけるグローバル化の新たな段階への影響は、それが正及び負グローバル政治-の両方をどのように変化したかのように考察します。 カバーされるトピックの中で、国際機関、非政府組織や地域経済や安全保障機関が果たした(iv)の役割があります。 最後に、(v)のような戦争や経済紛争などのグローバルな相互作用の主要な形態を検討します。 目標 このコースの学生は、グローバル政治/国際関係の(ⅰ)主要な政治学の理論モデルに精通しているであろうこと、(ii)現代の外交の歴史、(iii)のような国連、世界銀行、などの国際機関の台頭国際通貨基金(IMF)、(iv)の地域経済と安全保障協定の意義、(V)は、主要な政治学モデルのフレームワーク内で重要なグローバル政治の問題を議論し、分析することができ、(VI)の主要な政治学の記事や書籍構造現代のグローバル政治の理解、(VII)と毎週のセミナーのために割り当てられた測定値をまとめただけでなく構造化された口頭発表をすることができます。 比較政治システム このコースでは、世界の200以上の国全体の政府と政治についてです。 国家間見つかった膨大な多様性を理解しようとするための理論的な視点は、司法の憲法、パーティーシステム、議会、執行支店、などの比較政治学の様々なサブユニット間の違いを理解するためのフレームワークを組織に続くコースの最初の部分に表示されますこのような政治の軍事の役割と経済の腐敗の程度として歴史的な政府の経験に基づいて、国家の文化的、政治的行動のパターンによって再生される役割を理解するための枝、および全国のローカル政府の手配だけでなく、比較の枠組み政府。 世界銀行とIMFが提唱するように、「良い統治」の改革の概念は、21世紀の比較政治学を評価するために使用されます。 目標 このコースの終わりに学生は、一般的に、今日の国民国家の中で見つかった政治構造の異なる様々な形態の政府、政治や政策を検索するには(ⅰ)分析スキルを持つことになります。 彼らはまた、(ii)は、政府の近代的な形態の進化を理解し、(iii)の開発の様々な比較の枠組みの中に、個々の国民国家を配置し、(iv)の未発達国民国家のガバナンス構造や行動パターンを近代化するための主要なNGOの取り組みを理解します。 学生はまた、(v)はダイヤモンドおよびハンチントンによって関節式として「民主主義の第三及び第四の波」の「西洋スタイルの民主主義」の利点と欠点についてマクロレベルの引数に精通しているであろう。 最後に、(VI)の学生が比較政治学の分野での研究の分析口頭及び書面によるプレゼンテーションを行うことができるようになります。 セミナー(政治学) セミナーの役割は、卒業研究プロジェクト(GRP)、すべての学生のための卒業要件が正常に完了したことをサポートすることです。 本セミナーでは、各学生は、GRPが政治学の分野からの理論、パラダイム、および概念のレンズを通して、ベースとなっているライティング・アクロス・カリキュラム(WAC)のプログラムのために選択したテーマを見ていきます。 学生は、論文の開発の様々な段階で自分の研究を発表して交代します。 仲間は、セミナーの講師の監督の下、議論し、プレゼンターが自分の論文を洗練する機会を与えるために、各プレゼンテーションを批評します。 このような相互作用を介してピアは自分たちのプロジェクトの問題を回避する方法を学習します。 目標 このコースの終わりには、学生があります:(i)が(ii)の習熟度、自分の研究プロジェクトの高いレベルで行われ、および(iii)書かれた高、政治学者の観点から重要な世界の問題を分析しました自分の選択したエリアにおける品質卒業論文。 ワークショップ:政治シミュレーションゲーム このワークショップでは、学生に政治的な意思決定プロセスを体験する機会を提供します。 ゲームは様々な制度的アクター(政治家(政府と野党)、官僚、および利益団体)の交渉力を表現するために、関連する国の政治システムをシミュレートするように設計されています。 このゲームをプレイすることで学生は制度的枠組みは、政策決定にどのように影響するかだけでなく、学ぶだけでなく、いくつかの俳優は、これらの決定にほとんど影響力を持っていること。 これは、グループのダイナミクスを作成して、時間制限の下で意思決定をシミュレートするために、学期中に2週末プラスワン準備会合を行う予定の集中コースです。 学生はシミュレーションゲームのための彼らの役割を準備し、彼らの経験についてのレポートを書くために必要とされています。 目標 このコースの終わりには、学生は、(i)ことができるようになり政治システムがどのように動作するか、特定の理解、(ⅱ)(ⅲ)、政策決定におけるロビイストの役割を認識政治に調和のとれた意思決定の難しさを実現、および(iv)政治的な意思決定プロセスに関与するアクターは同じ量の電力を持っていないことを理解しています。 インストラクター: ロザリオLarratta 浩二原口 [-]

国際教養科目で学士号:社会学

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

理論は、意識的または無意識のうちに現実の私たちの知覚を決定します。 私たちはさまざまな観点からそれを見ることができますので、我々は、特定の社会問題に別の理論を適用することによって、社会的な世界の知識を増やすことができます。 [+]

国際教養学士:社会学 社会理論 理論は、意識的または無意識のうちに現実の私たちの知覚を決定します。 私たちはさまざまな観点からそれを見ることができますので、我々は、特定の社会問題に別の理論を適用することによって、社会的な世界の知識を増やすことができます。 このコースでは、主要な古典と現代社会理論を学生に紹介しています。 私たちは、それぞれの長所と短所を議論します。 そして、我々は、関連する現代の社会問題にこれらの理論を適用します。 これは、インタラクティブな講義型のコースです。 学生は、クラスの前に宿題を完了するために、プレゼンテーションを行うために、そして中期テストと最終論文を書くために、クラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 (ⅱ)(ⅲ)から社会問題を分析するために解釈の体系としての社会的理論を使用して、コントラストを比較し、批判的理論を分析し、(ⅰ)主要な社会的な理論を理解する:このコースの終わりには、学生のことができるようになり異なる視点は、(iv)は日常生活に創造理論を適用し、(v)は明確かつ簡潔な散文で社会理論について書きます。 社会調査の方法 このコースでは、社会調査の一般的な理解を学生に提供します。 量的・質的側面:社会調査の方法は、2つの主要な側面があります。 このコースでは、このような比較の定量的および定性的な文献を読み、調査の実施、運動のグループプロジェクト、およびコンピュータ上の統計ソフトウェアの導入プラクティスとして、いくつかの実用的な運動との両方の側面に言及しています。 クラスディスカッションやグループプロジェクトへの自発的な貢献への積極的な参加が強く期待されています。 目標 コースはを目指した:i)社会調査の一般的な知識を提供すること。 ii)の品質データを収集するために、「良好な」アンケートを開発するための技術を強化します。 III)コンピュータソフトウェアを用いてデータを分析するスキルを強化します。およびiv)学生の自身の研究に社会的な研究手法を適用するためのスキルを強化します。 グローバル化の社会学 1990年代以来、それは我々がの時代に生きて社会通念になった「グローバル化」。この主張の様々な意味はほとんどはるかに少ない、その基本的な仮定が今まで挑戦し、探求されていません。 私たちは、グローバル化の経済、政治、および社会的側面を調査し、いくつかの基本的な質問に対処:グローバル化が存在しますか? それは本当にグローバルですか? グローバル化は歴史的に前例のないですか? グローバル化の経済、政治、社会的影響は何ですか? それが停止または変更することができますか? および代替は何ですか? これは、インタラクティブな講義型のコースです。 学生は、クラスの前に宿題を完了するために、プレゼンテーションを行うために、そして中期テストと最終論文を書くために、クラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにすべきである:(ⅰ)グローバル化の多くの角度を見分けること、(ii)人間の支配を超えた超自然的な力としてグローバル化の画像を分析し批判的に、(iii)のグローバル化の史実を理解し、その(そのイデオロギー的な態様を含む)社会・政治的なプロジェクトとして、文字、(iv)は種々の抗グローバ立場との違いを検出し、グローバル化が頭可能性のある(v)が合理的に予測可能な方向。 日本人論の社会学的分析 このコースのトピックは、日本人論(日本語と日本文化の独自性についての理論)と西洋社会理論の比較です。 日本人論は非西洋コンテキストで開発された社会理論の唯一の複合体です。 日本人論の主要な概念は、西側の彼らのルーツを持っている「ユニバーサル」の科学的概念の完全に独立日本語から取得されます。 これらの理論を比較することにより、我々は唯一の私たちのアイデアや日本文化のステレオタイプだけでなく、私たちは民族中心的な西洋の理論ですべてを説明することができ欧米の信念に挑戦されていません。 日本人論の主要な概念や理論を紹介します。 これは、インタラクティブな講義型のコースです。 学生は、クラスの前に宿題を完了するために、プレゼンテーションを行うために、そして中期テストと最終論文を書くために、クラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)日本人論の主要な理論と社会理論を知っていること、(ii)を比較、対比と批判的理論を分析し、(iii)の文化は異なる理論の発展に影響を与えたかを理解伝統、および(iv)は、世界についての彼ら取り込んだために、付与されたアイデアに挑戦します。 クロス文化研究 我々はすべてのグローバル化の結果としてアメリカ人になっていますか? それとも私たちは地元のアイデンティティと値を維持していますか? 日本人は彼らがマクドナルドでコカ・コーラを飲みながら食べているという理由だけで、調和のために自分の好みを放棄していますか? このコースのトピックでは、社会集団間の文化の違いを調査するためのさまざまなアプローチの導入と批判的分析です。 私たちは、主に、いくつかの文化的側面の関連性を評価する上で、それらの関連する寸法は経験的に調査することができるかに焦点を当てます。 私たちは、支配的な管理(例えばホーフステッド)、心理的(例えばTriandis)、および人類学/社会学的アプローチ(例えばトロムスドルフ)を議論します。 これは、インタラクティブな講義型のコースです。 学生は、クラスの前に宿題を完了するために、プレゼンテーションを行うために、そして中期テストと最終論文を書くために、クラスの議論に頻繁に貢献することが求められています。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにすべきである:(i)は、(ii)の文化の間で変動する重要な文化的側面を特定、および(iii)信頼性が高く、有効な実証的研究プロジェクトを策定し、文化を研究するための主要な比較アプローチを理解しています。 セミナー(社会学) 社会学におけるセミナーの役割は、学生の個々の研究プロジェクトをサポートすることです。 学生は、プロジェクトのさまざまな段階で自分の研究を提示する責任があります。 研究プロジェクトで経験の問題点と課題は(すべての参加者によるとだけでなく、教授による)のセミナーで議論されます。 このような議論はプレゼンターをさまざまな視点から自分の研究を参照すると、ピアのアドバイスからだけでなく、教授から学ぶ機会を与えます。 さらに、このような相互作用を介して学生が自分たちのプロジェクトでの問題を回避する方法を発見することができます。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)(ⅱ)自分の研究プロジェクトを実施し、社会学的な視点から問題を分析する方法を知っていると、(iii)その卒業論文を書きます。 ワークショップ:富士文化 このコースでは、富士山の文化的、歴史的側面を探ります 富士山。 とき山 富士は2013年に世界文化遺産に登録された、25の特性は、その構成部品としてリストされていました。 構成部品は、礼拝所、浅間神社の神社、「Oshi「宿泊家、歴史的な上昇経路、溶岩木金型、および五湖と忍野八海スプリングを含みます。 学生は8月上旬に開催された4日間の現地調査での部品の多くを訪問します。 毎朝、インストラクターは、プロパティおよびサイトの歴史と文化的側面について学生に講義をし、午後には、学生が実際の特性やサイトを訪問し、彼らの歴史や文化についてのより密接に研究しています。 最終日には、学生は富士山を崇拝富士-KOグループ(歴史的な宗教団体吉田昇順ルートを登るします 富士)は、過去に取って、彼らの宗教活動の遺跡を探索します。 学生は現地調査の際に検討した内容に基づいてレポートを書くために必要とされます。 目標 (1)山に関係する歴史や文化についての知識を得る:4日間の現地調査時には、学生が期待されています 富士山は、(2)、世界文化遺産にリストされたプロパティおよびサイトの意味と意義を特定(3)過去の富士-KOグループの精神的、宗教活動を知って、そして(4)富士山の美しさと偉大さに感謝します。 日本で最も有名な山として富士。 インストラクター: クリスチャンEtzrodt [-]

国際教養科目で学士号:経済学

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

コースは7つのセクションに分かれています:(1)導入。 (2)市場がどのように働きますか。 (3)市場と福祉。 (4)公共部門の経済学; (5)企業行動と産業の組織。 (6)労働市場の経済学; (7)さらなる研究のためのトピック。 [+]

国際教養学士:経済学 ミクロ経済学 コースは7つのセクションに分かれています:(1)導入。 (2)市場がどのように働きますか。 (3)市場と福祉。 (4)公共部門の経済学; (5)企業行動と産業の組織。 (6)労働市場の経済学; (7)さらなる研究のためのトピック。 私たちの学習は、次の概念やテーマを中心に構成されている:科学的方法と経済分析における仮定の役割。経済モデルが何であるかを理解し、それらがどのように使用されています。規範的分析対正。需要と供給の市場の力。弾力性とその応用。市場の効率性;課税のコスト;国際貿易;外部の様々な種類;公共財の概念;税制の設計;生産コスト;完全競争、独占的競争、寡占、独占と;生産要素の市場。所得格差と貧困。消費者の選択の理論。そして、ミクロ経済学のフロンティア。 目標 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)は、(ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解し、および(iii)への基礎を構築し、ミクロから基本的な概念を学んだだろう経済学の深い分野を研究しています。 中級ミクロ コースは6つのセクションに分かれています:(1)導入とプレビュー。 (2)消費者の理論。 (3)生産論; (4)市場の動作を、 (5)市場の失敗、及び(6)非対称情報。 私たちの学習は、次の概念やテーマを中心に構成されている:選択、環境設定、およびユーティリティの概念;需要や嗜好を明らかにしました。消費者余剰;時間と経済学の文脈における不確実性。技術、利潤最大化、およびコストの最小化。供給および集約。寡占とゲーム理論。ワルラス均衡;外部性の概念。公共財;エージェントとナッシュ交渉の数が少ないです。逆選択、モラルハザード、および元本エージェントモデル。 コー​​スの目的 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)は、(ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解し、および(iii)から、かなり洗練された基盤を構築し、ミクロから中間概念を学んだだろうこれは経済学の他の分野を研究します。 マクロ経済学 コースは8つのセクションに分かれています:(1)導入。 (2)市場がどのように働きますか。 (3)市場と福祉。 (4)マクロ経済のデータ。 (5)長期的には実体経済。 (6)長期的にお金と価格を。 (7)オープン経済のマクロ経済学;そして、(8)短期経済変動を。 私たちの学習は、次の概念やテーマを中心に構成されている:科学的方法と経済分析における仮定の役割。規範的分析対正。経済モデル;円形のフロー図です。生産可能性フロンティア。国の所得、生活費、およびその他のマクロ経済変数を測定します。生産と成長。労働市場。節約、投資、金融システム。 IS-LMモデル。 AS-ADモデル。古典的なビジネスサイクル;価格と賃金の硬直。インフレと失業の短期トレードオフ。通貨制度と金融政策。財政政策;現在の危機と政策論争;開放経済における政策。そして世界的な不均衡。 目標 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)は、(ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解すると、(iii)からの基本的な基礎を構築し、マクロ経済学からの基本的な概念を学んだだろうより深く経済の他の分野を研究します。 日本経済・ビジネス このコースでは、様々な産業や企業の分析事例を通して現在、新しい型経済へのポスト第二次世界大戦、成熟、立ち上がり、「バブル経済」の崩壊を経て明治維新から日本経済の歴史的発展に焦点を当てています。 当然の前半では、各学生は、企業やインストラクターによって割り当てられたテーマのコンテキストで割り当てられた読書の存在概要を分析します。 テーマは、過去150年間の日本経済の発展に影響を与えた要因を中心に説明します。 当然の後半では、各学生は、講師の助言と監督に応じて、特定の企業や業界との期間に固有の独自のテーマを選択し、様々な調査研究をコンサルティング研究報告書(約30ページ)を書き込みます。 、雑誌記事、ホームページやその他のメディア、および必要に応じて、実際の訪問を行い、対象会社でのインタビューを行っています。 調査報告書の概要は、経口学期の終わり近くにクラスの前に提示されなければなりません。 学期中に時折仕掛品のプレゼンテーションも必要になります。 目標 (1)現在の主要なイベント、影響を受け、成長経路と明治維新からの日本経済発展の限界に精通していることが、 (2)様々な観点からの成功と失敗の要因を考慮することにより、日本経済やビジネス21世紀のアプローチの三十年のための最適な方法の独自のビューを開発します。 (3)歴史、企業の強みと弱み、成長の課題、の力の観点から、企業や産業を分析する方法を学ぶ「グローバル化」。 グローバリゼーションの国際貿易&経済 コースは6つのセクションに分かれています:(1)導入。 (2)比較優位を。 (3)国際貿易における勝者と敗者。 (4)規模と範囲の重要性; (5)内および業種の企業のグローバル化。 (6)オフショアリングとアウトソーシング。 私たちの学習は、次の概念やテーマを中心に構成されている:国際収支。交易条件。関税と非関税障壁;技術と国際貿易;国際貿易のモデル:merchantilism、絶対的な優位性、比較優位、因子の割合の理論、国際的な製品のライフサイクル、新しい貿易理論、および国家の競争上の優位性。貿易と地域協定による利益。ケーススタディ:アメリカと日本。非輸出企業に対する輸出。多国籍企業と企業の組織;オフショアリング;水平FDI;垂直FDI;複雑な統合;そして、内在化。 目標 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)(ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解し、および(iii)からの基本的な基礎を構築し、国際貿易からの基本的な概念を学んだだろうこれより深く経済の他の分野を研究します。 実業家経営学 コースを通して、学生は目や彼らの本当のライブの話を与えるために私たちのクラスを訪問する非常に成功した急成長中の国境を越えたベンチャー企業の起業家の実話を通して起業家精神の「現実世界」を体験します。 また、学生は理論や概念フレームワークの広い範囲にさらされると、進行中残っているその多くのケーススタディの分析を通じて実践的なスキルを学びます。 学生のグループ(「会社」)が形成され、学期の終わりに向かって繰り広げするビジネスプランコンテストに参加します。 プレゼンテーションでは、「現実世界」の起業家やインストラクターによって審査されます。 非常に魅力的なプランが出現した場合には、学生が講師自身のベンチャーキャピタルネットワークを介して現実の世界にあなたの夢を持参する機会を持つことができます。 目標 コースの目的は、起業家精神の管理理論を学び、ケーススタディ、本当の成功した起業家によってゲスト講義を通じて、実際の起業家の物語を体験することで、学生のグループビジネスプランコンテストも簡単に国境を横断することが予想される将来の起業家を育てるために彼らのベンチャー事業活動において、将来的に日本に関連します。 企業金融 コーポレート・ファイナンスは、2つの異なるが関連活動に関する:金融資本の獲得と生産的資産への投資は、経済的利益を生成します。 コースは、株主をはじめとするステークホルダーの視点から企業の目的への導入から始まります。 最初の数週間の間に、学生は貨幣の時間的価値、現在および将来の価値、株式や債券の評価、割引キャッシュ・フロー、および正味現在価値の概念に精通します。 学期の残りの部分はリスクとリターンとリスクの管理、市場の効率性、資本、ハードルレートと資本予算、資金調達及び資本構成理論、エージェンシー理論、配当政策、コーポレート・ガバナンス、外国為替のコスト、財務諸表分析に焦点を当てて、および企業支配のための市場。 目標 (ⅰ)、(ⅱ)将来と現在の値を計算し、意思決定のための基本的な企業金融トピックやツールに精通して実証(iii)の割引キャッシュ・フローとネットを計算:もちろんの正常終了時に、学生のことができるようになります現在価値、(ⅳ)リスクとリターンの関係を説明し、意思決定のコンテキストでの関連性を理解し、(v)の財務諸表の簡単な分析のための基本的なテクニックを使用する方法を知っています。 経済成長:理論と証拠 コースは5つのセクションに分かれています:(1)開発と低開発。 (2)開発プロセスにおける重要な因子; (3)低開発の永続化。 (4)資源及び持続可能な開発の配分における国家の役割。 (5)経済発展を融資。 私たちの学習は、次の概念やテーマを中心に構成されている:開発格差と貧困の測定;低開発と構造変化の特性;経済発展における金融機関の役割。経済成長の理論:成長率は、各国間で異なる理由。農業と工業化のための余剰労働力の役割。資本蓄積、技術進歩と生産の技術;人口と開発。途上国と持続可能な開発における資源配分。プロジェクトの評価、社会的費用便益分析と影の賃金。開発と環境。国内資源からの資金調達の開発、そして、外国援助、援助、債務と開発。 目標 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)は((ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解し、他の人が後方まま一定の経済が進展している理由のための基本的な引数を学んだ、としているだろうⅲ)より深く経済の他の分野を研究するために、そこから基本的な基盤を構築しました。 経済思想史 経済学は社会が代替用途を有している希少資源を分配する方法の研究として定義されています。 経済学の5大きな問題は、次のとおりです。経済システムが最適な? 社会はどのような商品やサービスを生産する必要がありますか? どのようにそれらを生産すべきか? どのように多くを生産すべきですか? そして、誰のためにそれらを生産すべきか? これらの質問は、当社の始まりからの社会で存在していました。 私たちは、その主要な段階を経て経済思想(HET)の歴史をたどるように:カトリックschoolmanの、封建制度、消費者の資本主義への商人の資本主義、プロデューサーの資本主義へのアリストテレス道徳的な哲学者から事前に古典的な考え方は、我々は他の進歩にも注意を払うだろう世界史の視点。 HETの我々の研究でメインキャラクターの数が含まれます:ウィリアム・ペティ、ジョン・ロック、バーナード・マンデヴィル、デビッド・ヒューム、フランシス・ケネー、ジャック・テュルゴー、アダム・スミス、トーマス・マルサス、リカード、JSミル、カール・マルクス、JMケインズ、ミルトンをフリードマン、および多くの他。 目標 HETへの最大の貢献者の基本的な考え方に精通していることが(i)は、(ii)の学生であることが多いヒトにおける最近の進歩であると仮定され、経済やビジネスの分野の理論や概念の多くの意識を作成するために、思考いくつかのケースでは、以前の年の数百を理解し、人間の条件の意識の実際の修正再表示されている、および(iii)経済学の分野から中核となる概念の発展を追跡することができるように、このような金利、リスク調整後の未来キャッシュ・フロー/現在値、および経済的価値。 マネー&バンキング コースは5つのセクションに分かれています。基礎;金融市場;銀行;お金と経済;そして、金融政策。 私たちの学習は、以下の概念を中心に構成されている:金融システム;お金と中央銀行。資産価格や金利。外国為替市場。金融システムにおける非対称情報。銀行業界。銀行の業務;銀行規制。マネーサプライや金利。短期経済変動。景気変動、金融政策、金融システム。インフレとデフレ;経済の安定のための政策。貨幣制度と戦略。金融政策と為替レート;・金融危機。 目標 このコースの終わりには、成功した学生は、(i)は、(ii)はこれらの概念は、彼らの周りと自分の生活に世界にどのように適用されるかを理解し、銀行、その他の金融機関や金融市場のお金に関連する基本的な概念を学んできたであろう、および(iii)より深く経済学とマクロ金融の他の領域を研究するから基本的な基盤を構築しました。 (日本語で)日本経済・ビジネス このコースでは、様々な産業や企業の分析事例を通して存在、新しい型経済へのポスト第二次世界大戦、成熟、上昇とgbubble経済hの崩壊を経て明治維新から日本経済の歴史的発展に焦点を当てています。 当然の前半では、各学生は、企業やインストラクターによって割り当てられたテーマのコンテキストで割り当てられた読書の存在概要を分析します。 テーマは、過去150年間の日本経済の発展に影響を与えた要因を中心に説明します。 当然の後半では、各学生は、講師の助言と監督に応じて、特定の企業や業界との期間に固有の独自のテーマを選択し、様々な調査研究をコンサルティング研究報告書(約30ページ)を書き込みます。 、雑誌記事、ホームページやその他のメディア、および必要に応じて、実際の訪問を行い、対象会社でのインタビューを行っています。 調査報告書の概要は、経口学期の終わり近くにクラスの前に提示されなければなりません。 学期中に時折仕掛品のプレゼンテーションも必要になります。 目標 (1)現在の主要なイベント、影響を受け、成長経路と明治維新からの日本経済発展の限界に精通していることが、 (2)様々な観点からの成功と失敗の要因を考慮することにより、日本経済やビジネス21世紀のアプローチの三十年のための最適な方法の独自のビューを開発します。 (3)歴史、企業の強みと弱み、成長の課題、の力の観点から、企業や産業を分析する方法を学ぶ「グローバル化」。 競争戦略 学期にわたり、学生が企業戦略に関連する300以上の概念や理論に精通します。 試みは、学生が経済学と明らかにビジネスや経済の世界に関係のないカリキュラムの他の領域の分野で他のコースで学んだことと、このコースで学んでいるものを統合するために行われます。 多くの場合、学生は概念や理論に導入された後、彼らはそれが適用される方法を説明する必要があります、またはそれは日本企業のコンテキストでは、適用されない理由をいくつかの例で説明しています。 我々の研究の構造的なフレームワークは、戦略的計画プロセス(SPP)、戦略の策定と実施のために広く教えられ、実践モデルとなります。 SPPの主要な要素は次のとおりです。(1)使命と目標、(2)SWOT分析、戦略の(3)3レベル:企業、ビジネス、機能、(4)組織構造、(5)制御システム、( 6)構造化する戦略とコントロールのマッチング、戦略変更の(7)の管理。 目標 学生が分析し、さまざまな戦略的課題やビジネスの現実の世界で管理職が直面するジレンマの解決策を提案し、概念や理論が適用されないときに発見するために、またはするために戦略的な管理の分野から事実、概念や理論を適用することができるようになります日本市場には、一意に適用される場合があります。 セミナー(経済学) セミナーの役割は、卒業研究プロジェクト(GRP)、すべての学生のための卒業要件が正常に完了したことをサポートすることです。 本セミナーでは、各学生は、GRPが経済学の分野からの理論、パラダイム、および概念のレンズを通して、ベースとなっているライティング・アクロス・カリキュラム(WAC)のプログラムのために選択したテーマを見ていきます。 学生は、論文の開発の様々な段階で自分の研究を発表して交代します。 仲間は、セミナーの講師の監督の下、議論し、プレゼンターが自分の論文を洗練する機会を与えるために、各プレゼンテーションを批評します。 このような相互作用を介してピアは自分たちのプロジェクトの問題を回避する方法を学習します。 目標 このコースの終わりには、学生があります:(i)は、(ii)の習熟度の高いレベルの独自の研究プロジェクトで行われ、および(iii)高品質を書かれた、経済学者の視点から重要な世界の問題を分析しました自分の選択したエリアの卒業論文。 インストラクター: マイケルLacktorin、ディーン 雅子Ikefuji [-]

国際教養科目で学士号:芸能

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

このコースでは、欧米のステージと画面の劇的な芸術を理解するための鍵であり、理論的、社会的、芸術的伝統への導入として機能します。 [+]

国際教養学士:パフォーミングアート 西フィルム&シアター このコースでは、欧米のステージと画面の劇的な芸術を理解するための鍵であり、理論的、社会的、芸術的伝統への導入として機能します。 それは、学生が一般的に西洋美術/社会の大きい、全体的な理解の一環として、このような材料について考えるためにそれらを奨励しながら、何世紀に渡って、仕事の広い範囲へのアクセスを許可します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)西の劇場や映画製作の歴史の中で重要である主要な用語、人々と伝統を識別し、(ii)は、プライマリにアクセスして読み取る方法を知っていますそのような芸術の意味を理解する、芸術の実行に関する重要な視点を採用する二次ソースの懸念や意図を識別し、異なるアプローチの意識を開発するための情報源、(ハ)は、両方の映画や演劇の両方の芸術と社会的構築物であるかを理解します、 (iv)の前方に引数を入れて明確かつコヒーレントな方法でそれを開発することによって、美術史における重要な瞬間について書くに徹底的に従事し、(v)を明確にし、洗練する方法を学び、自分の時間や場所を超えたメッセージを運びますディスカッションやプレゼンテーションでアイデア。 日本映画&シアター このコースでは、日本のステージと画面の劇的な芸術を理解するための鍵であり、理論的、社会的、芸術的伝統への導入として機能します。 それは、学生が日本美術/社会の大きい、全体的な理解の一環として、このような材料について考えるためにそれらを奨励しながら、何世紀に渡って、仕事の広い範囲へのアクセスを許可します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)日本の演劇や映画制作の歴史の中で重要である主要な用語、人々と伝統を識別し、(ⅱ)に一次情報源にアクセスして読み取る方法を知っています、芸術の実行に関する重要な視点を採用懸念や二次情報源の意図を識別し、そのような芸術の意味を理解するために異なるアプローチの意識を開発、(iii)のメッセージを運ぶ、映画や演劇の両方が両方の芸術と社会的構築物であるかを理解それは、自分の時間や場所を越えて行く(iv)の前方に引数を入れて明確かつコヒーレントな方法でそれを開発することによって、美術史における重要な瞬間について書くに徹底的に従事し、(v)の中でアイデアを明確にし、洗練する方法を学びますディスカッションやプレゼンテーション。 マンガ&アニメ研究 このコースは、歴史、社会的影響と近代日本の歴史の中でアニメやマンガの重要な役割を理解するための鍵である芸術的伝統への導入として機能します。 これは、日本の一般的なメディア文化の発展の物語の中で重要な選手に学生を紹介し、それらに生産の過程に直接従事するだけでなく、日本で最も目に見える文化輸出の独自の特性を探求する機会を提供します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)(ⅱ)にアクセスし、採用する一次資料を読んでする方法を知っている、日本の視覚的なメディア文化の歴史の中で重要である主な用語、人々と伝統を識別日本の大衆文化上の重要な視点、二次情報源の懸念や意図を識別し、そのような芸術の意味を理解するために異なるアプローチの意識を開発、(iii)の漫画やアニメーションが文化の他の形態に結びついているかを理解し、より多くを表します若者の使い捨てメディア、(iv)の前方に引数を入れて明確かつコヒーレントな方法でそれを開発することによって、日本の大衆文化の歴史の中で重要な瞬間について書くに徹底的に従事し、(v)の中でアイデアを明確にし、洗練する方法を学びますディスカッションやプレゼンテーション。 映画史 このコースでは、詳細なキープレーヤーの探査、経済、社会的影響や芸能の一形態として映画史を理解する鍵となる様々なジャンルとして機能します。 それは主題のいくつかの背景知識を持っている学生は、異なる様々な状況から画面の芸術を参照するのに役立つ、と「銀幕」の歴史は20世紀の人類の最大の遺産でもあることを証明します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(i)が広いの歴史的なオブジェクトとしてフィルムの以前に取得した理解を適用しますか? よりグローバルな? スコープ、(ii)のフィルム上に直接フィルムを分析する能力、ならびに一次情報源を開発し、異なるフィルム・メーカー/フィルム-消費者の関心や意図に洗練された視点を表現している、(iii)のフィルムがあったか/であることを理解20世紀の歴史に縛られ、そのようなメディアが/どのように役立ったか(iv)の指定した期間、ジャンル、社会的文脈および/またはディレクタの詳細な批評を生産することができるよう、ますますグローバル社会の私たち自身の見解を形作るのに役立ちます、および(v)は、オープンな議論とクラス内の正式な議論を通じて、さらに自分のプレゼンテーションスキルを絞り込みます。 日本の伝統演劇 このコースは、キーパーソン、政治、社会的な影響と日本の歴史の中で芸能の一形態として演劇の歴史を理解するための鍵であり、種々の形態の詳細な探査として機能します。 それは主題のいくつかの背景知識を持っている学生は、異なる様々な状況から、日本の舞台芸術を参照するのに役立ち、そしてこの国の劇場の歴史は畏敬の念パワフル、でも神秘的な形のために根ざしていることを実証します香美。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(I)は、当技術分野の主要な形式(など歌舞伎、能楽、文楽、神楽、)の理解に歴史的なオブジェクトとして演劇の以前に取得した理解を適用すること、(ii )ステージ上で直接舞台芸術を分析する能力、ならびに一次情報源を開発し、異なる劇作家/役者の懸念や意図に洗練された視点を表現する、(iii)は日本のステージは/歴史の中に結ばれた方法を理解しています国、どのような/助け材料は、国家としての日本の私たち自身の見解を形作る(iv)の指定した期間、ジャンル、社会的文脈および/または俳優の詳細な批評を生産することができ、および(v)を絞り込むことができますのclass.v内のオープンな議論と正式なパフォーマンスを通じ、さらにそのプレゼンテーションスキル 比較シアター美学 この上級コースは、学生が日本と西洋の両方で、深さは、古典的なステージの最大の心のいくつかの作品を探求することができます。 主にこのコースは劇場の美学(デザイン、衣装、パフォーマンス、音楽など)に専用されているが、それはまた、すべての技術は開発される方法を実証する方法として、アートを入れたに社会的、政治的なフレームに取り組みます私たち自身の生活の懸念への応答として。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(I)、認識し理解し、シンボルと、いくつかの異なる演劇の伝統の重要性を説明することができ、(ii)は、さらに直接舞台芸術を分析する能力を完成し、できるようにしています世阿弥やシェイクスピアなどの巨匠の意図に洗練された意見を提示すること、(iii)の任意の与えられた「国内段階」の美しさを/ただ自体よりの美学に結ばれたが、された方法を理解する/の拡張であります多くの声(iv)は、自分が選んだ劇場フォーム上の包括的、かつ重要な論文を生産することができるよう、でもこの日に、聞いたこと、及び(v)は、オープンな議論を通じて、さらに自分のプレゼンテーションスキルを洗練することができる集団 '文字'そしてクラス内の議論を争いました。 セミナー(パフォーマンスアート) セミナーの役割は、卒業研究プロジェクト(GRP)、すべての学生のための卒業要件が正常に完了したことをサポートすることです。 本セミナーでは、各学生は、GRPが舞台芸術の分野からの理論、パラダイム、および概念のレンズを通して、ベースとなっているライティング・アクロス・カリキュラム(WAC)のプログラムのために選択したテーマを見ていきます。 学生は、論文の開発の様々な段階で自分の研究を発表して交代します。 仲間は、セミナーの講師の監督の下、議論し、プレゼンターが自分の論文を洗練する機会を与えるために、各プレゼンテーションを批評します。 このような相互作用を介してピアは自分たちのプロジェクトの問題を回避する方法を学習します。 目標 このコースの終わりには、学生があります:(i)は、(ii)の習熟度の高いレベルの独自の研究プロジェクトで行われ、および(iii)高品質を書かれ、美術評論家の視点から重要な世界の問題を分析しました自分の選択したエリアの卒業論文。 ワークショップ:演技I このコースでは、演技の基礎に関する基本的な知識を開発するためにスタニスラフスキーベースの原則とドラマの方法を探ります。 このコースは、特定の演劇の状況の中にステージ上で他者と自己認識、正直な自発性の感覚を開発するために、音声、スピーチ、および物理的な演習、即興、テキスト/言外の意味解析とシーンの作業を使用し、能力を "トークとリッスン」します。 表情や動き、詳細志向の観察の批判的思考と分析、コミュニケーション、経済の学際的なスキルは、ステージの創造性と想像力の世界にマージします。 社会経済的地位、文化的/政治的要因、戦術、目標、障害物やスタイルによって定義されるような学生は、文字やシーンの状況を検討します。 集中力エクササイズや遊びを使用して、学生が単独及び仲間の俳優で、簡単かつ正直に実行する方法を学習します。 目標 このコースの終わりに、あなたは、(i)ことができるようになります実行し、他の人の前で言えば、再生可能な目標と属性を準備するために、スクリプト内の文字の与えられた状況を分析(ii)の信頼関係を構築し、容易にし、自信と、(iii )行動の役割(文字、トピック)と、自分の学問と研究の間の接続を行うことで、新たな視点を得ることができます。 ワークショップ:演技II このクラスは、演技中に深い興味を持つ学生のために設計されており、モノローグオーディション技術に焦点を当てます。 私たちはオーディションと準備して2つの対比古典と現代的なモノローグをリハーサルすることにより、ステージ上に単独で作用するために学生を準備します。 学生は喜劇と劇的なテキストを探索し、スタニスラフスキーによって確立された技術を使用して文字やスクリプトの状況を分析します。 学生は創造的、物理的に俳優を開くシアターゲームや演習に参加し、心と身体、声を訓練します。 また、ソロと2人コールドリーディングオーディションで動作します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにする必要がありますすぐに両方の古典と現代的なスタイルで対照的な2つのモノローグの有効および内臓の性能を提供(ⅰ)、(ⅱ)読んで、スクリプト内のテキストや言外の意味を理解し、与えられた状況を分析(誰が、いつ、どこで、なぜ、何を、どのように)必要な完全な文字描写のために、そしてプレーできると信じられる文字に到達するために「何-IF」の哲学を使用し、(iii)の中で専門的かつ自信を持って自分を実施する方法を学びます標準オーディションシナリオは、(iv)は人前で話すや講義アリーナでボーカル自信と物理簡単に自分自身を提示し、(v)のピア間で創造的かつ学術的に、定式化し、批判的にアイデアを伝えます。 ワークショップ:演出 このコースは、心理的に本当の性能を作成するStanislavskian原則に基づいて演劇作品を演出実地体験を提供します。 もちろん、テーマ、イメージ、歴史/政治/社会経済的要因や文字を含む、スクリプトの分析を紹介します。 私たちは、監督の世界のビジョンやコンセプトを策定し、内臓やエキサイティングな方法でステージ構成と映画化を模索していきます。 学生は、取締役として、オーディションを実行して鋳造し、リハーサルを実行している経験を得るでしょうし、俳優と連携するために必要な語彙を得ることができます。 学生は自分の指示の下で10分間のプレイを紹介します。 この過程で開発された学際的なスキルは、テキスト分析、研究と批判的思考を含みます。コミュニケーション;人と時間管理;一般的な創造的な目標に向けて、チームのコラボレーション。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)スクリプトを分析し、すべてのレベルでのプレゼンテーションを指示し、スクリプトの意図を理解し、自分自身ディレクターとして、あなたの生産のための明確な目的とビジョンを作成すること、(ii俳優を演出し、効率的に制作チームへのアイデア(ステージマネージャー、セット、小道具、照明、など)を、通信、および(iii)コンテンツ間の実世界の接続を行うための研究と分析スキルを使用しながら)劇場の言語を話しますあなたの制作や、あなたの学術研究の。 ワークショップ:能楽堂 このコースでは、日本で650年の歴史を持つ能ドラマの歴史と技術をカバーし、ユネスコの無形文化遺産に指定されています。 Utai(能楽詠唱)は能楽の基礎を形成し、それがスクリプトと歌の役割を果たしています。 Utaiを通じて、人は感情、ドラマの感情的な風景を表現し、それを通じて1は正しい姿勢と腹式呼吸を学習します。 一方、学生はまた、動きが追加さ舞、または能のダンスの動きを、学びます。 蒲江(ポーズ、スタイル)とSuriashi(スライディングフィート)を取得することにより、学生が主役として割り当てられた歌を実行し、能楽の優雅な優雅さを特徴とする、高度に洗練された動きを学ぶために有効になります。 ワークショップでは、彼らがUtaiとチェンマイで学んだことを実証するた学生による完全性能、との結論になります。 このコースは、学生を開始するためのチュートリアルを伴うため、学生の数は10に制限されています。 目標 指定されたパフォーマンス作品で練習することで、学生は能楽の最初の手の知識を得るだけでなく、美しい姿勢やパフォーマンスの基礎を学びます。 反復練習は、式の改良と深化につながり、これを通じて、学生は能楽のドラマがムー(マーベラス空虚)から作成し、特別な世界の理解を深めます。 学生は、スキルを習得します人々が定期的に能を練習この大学のKoten芸能研究会(伝統芸術の研究のための山梨学院協会)に所属する人に等しいです。 このコースは日本語で完全に実施しました。 インストラクター: ダレン・アシュモア 非常勤講師: ブレット・ファーンズワース 能楽堂の人 [-]

国際教養科目で学士号:芸術

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

コースは4の目的を持っている:第一に、それは芸術の歯切れの議論を可能にする、などの語彙や概念、原則とデザイン、色彩理論の要素を紹介し、。 [+]

国際教養学士:芸術 アートApprecionati コースは4の目的を持っている:第一に、それは芸術の歯切れの議論を可能にする、などの語彙や概念、原則とデザイン、色彩理論の要素を紹介し、。 第二に、それは両方の歴史と現代的な、芸術と芸術家の様々な種類を紹介し、社会と宗教における役割。 第三に、版画、彫刻、陶器、絵画などで使用される基本的なスタジオの用語やテクニックを紹介します 第四に、それは芸術の様々な作品の長所をアッセイするための重要な判断を行うに向かっての概念と方法を紹介します。 講義中に芸術の多くの重要な作品が手本として導入されています。 しかし、目的は、すべての芸術作品、有名かどうかを感謝し、評価するために学ぶために、むしろ、有名な名前を暗記することではありません。 評価は、最終試験と最終的な重要なエッセイを介して行われます。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)重要な議論の芸術の用語や概念の合理的なコマンドを実証すること、(ii)社会における芸術の原理役割や目的を特定し、(iii)の技術を識別しますそして、様々なメディアの用語は、(iv)の情報に基づいた記述や有名なと未知の両方の様々な作品の批評を行います。 西洋美術史 本調査のコースは、19世紀を通じて青銅器時代とメソポタミアから西洋美術の発展をカバーしています。 識別さまざまな象徴的なイメージの周りのコースピボットが必要ですが、コースは西洋美術の進化を形、社会的、政治的、宗教的、および科学の発展に注目します。 評価は、最終的な筆記試験や研究論文を介して行われます。 目標 このコースの終わりには、学生が具体的にどのように芸術に注目、その作業が重要である理由、具体的期間の社会的/政治/宗教/技術開発の面で留意し、西洋美術の象徴的なイメージの数を識別することができるはずです仕事は、これらの動向をカプセル化します。 日本のアート 本調査のコースは日本の芸術、建築、伝統工芸の美学を紹介します。 コースは歴史的な枠組みとして時系列的なアプローチを提供し、奈良、平安、鎌倉期からマスター作品をカバーしながら、コースは以降桃山時代、つまり、完全に発達した日本の伝統的な美的からの作業時に焦点を当てています。 象徴的なイメージは、このような茶道で使用されるもののような顕著な建築の特徴と対象の識別を超えて、コースは、とりわけ、谷崎、天心、およびハーンによって日本の美学についての文章が含まれています。 評価は、最終的な筆記試験や研究論文を介して行われます。 目標 (ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)頼む、適切な用語を使用して、日本の美学の一般的な原理を説明、種類、使用、および期間によって日本のアートワークとアーキテクチャの様々な識別:このコースの終わりには、学生のことができるようになり質問に通知され、未知の作品に関する推論意見を表明、および(iv)伝統的な日本の芸術と建築のための情報に感謝の意を示しています。 日本の伝統工芸 このコースでは、セラミック、ラッカー、織り、染色、木工、および鍛冶、具体的用語、ツール、技術、用途などの農村の日本での生活に共通する日本の伝統工芸品に注目し、それぞれに特有の伝承します。 表向き講義しながら、プロジェクトの現地調査、デモンストレーション、手にもあります。 学生は個別に他の人にツール、テクニック、用語、クラスの前に、その具体的な工芸品の伝統の懸念のいくつかのコマンドを教え、プレゼンテーション/デモンストレーションを行うことで、締結、特定の工芸品を研究します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようにする必要があります。筆記試験を通して一般的な用語と学期の間に覆われた日本の工芸品の様々な技術の合理的なコマンドを実証する(I)、(II)の特定のコマンドを実証ツール、テクニック、用語、一つの特定の工芸の伝統の懸念。 比較芸術学 コースでは、社会や精神の様々な世界の芸術の調査、およびその場所と役割です。 具体的には、典型的なオブジェクトや画像を介してそれらを模索し、歴史的、現代世界美的伝統の研究です。 すべての主要な文化的伝統からのアートとデザインが講演で覆われています。 また、学生は授業の前に彼らの発見の彼らのプレゼンテーション/ディスカッションで締結、研究に世界のアートやデザインの視点特定を選択します。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)講義を通じて教示されているように、審美的、文化的な世界の伝統の数からオブジェクトや画像の顕著な特徴を識別し、比較、検討することにより測定し、(ii)の実証および説明芸術や美的伝統やオブジェクト、画像と感謝を用いて製造成果物の拡散を介して見られるように連接それらにいくつかの特定の培養外国のいくつかの基本的な審美的な原理、あるいは社会的妥当性、(ハ)は、グローバル化の歴史性を理解しています。 セミナー(アーツ) 当セミナーの役割は、学生の個々の研究プロジェクトをサポートすることです。 学生は、プロジェクトのさまざまな段階で自分の研究を提示する責任があります。 研究プロジェクトで経験の問題点と課題は(すべての参加者によるとだけでなく、教授による)のセミナーで議論されます。 このような議論はプレゼンターをさまざまな視点から自分の研究を参照すると、ピアのアドバイスからだけでなく、教授から学ぶ機会を与えます。 さらに、このような相互作用を介して学生が自分たちのプロジェクトでの問題を回避する方法を発見することができます。 目標 (I)のいずれかの形や概念で、問題を分析する方法を知っている、と建設的な批判を行い、敷設および代替案を評価すること、(ii)自分の研究プロジェクトを実施し、(:このコースの終わりには、学生のことができるようになりⅲ)その卒業論文を書きます。 ワークショップ ワークショップ:私を描きます ワークショップ:デッサンII ワークショップ:スカルプティングI ワークショップ:スカルプティングII ワークショップ:日本の伝統文化 ワークショップ:書道 インストラクター: アレクサンダー・ワイルズ ウィリアム・リード 非常勤講師: 図面レディ [-]

国際教養科目で学士号:音楽

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

このコースでは、広範かつ穏やかな音響心理学への導入、音楽心理学、および音楽の音響として機能します。 生産、物理学、音の知覚との関係だけでなく、類似点と音楽と言語間の違いが検討されています。 [+]

国際教養学士:音楽 どのように私たちは音楽を聴く:音楽知覚、認知、および音響の基礎 このコースでは、広範かつ穏やかな音響心理学への導入、音楽心理学、および音楽の音響として機能します。 生産、物理学、音の知覚との関係だけでなく、類似点と音楽と言語間の違いが検討されています。 このような絶対的な(完全な)ピッチ、共感覚、および音痴などの現象が議論されています。 コースの活動は講義、読み取り値、クラス最高の実験、および学生のプレゼンテーションが含まれます。 目標 このコースを完了すると、学生は、(i)のことができるようにどのように動作するか楽器や人間の声の大きい理解している必要があります。 (ii)の音楽的パラメータ、音の物理的寸法、および人間の聴覚系の大きな意識を得ます。 (iii)の基本的な実験を計画し、実施する中で経験を積みます。および(iv)音楽や関連分野におけるその後のコースに、このコースから得た知識と経験を適用します。 西洋音楽の歴史 800 ADから現在に至る西洋クラシック音楽の幅広い調査、。 コースの活動が講演、執筆とリスニングの割り当て、および一次ソースの測定値が含まれます。 各歴史時代の顕著なレパートリーは、社会文化的および社会政治的文脈に位置しています。 特定の作品の受信履歴は対処されます。 音楽の美学と技術と他の芸術形式で同時傾向だけでなく、欧米の作曲上の非西洋音楽の影響との間にParallelsが議論されています。 目標 このコースは、歴史的な文脈に位置について書いて、各主要な歴史時代から西洋クラシック音楽と(ii)の重要なレパートリーを議論するために不可欠(ⅰ)語彙に学生を紹介します。 日本の伝統音楽 これは、日本の伝統音楽の基礎を測量講義です。 これは、日本の伝統音楽に見られる組成物の基本的な構造、楽器、アンサンブルや種類をカバーします。 裁判所の生活に関連して、宗教的な慣行との関係で日本の伝統音楽の役割が表示されます。 そしてまた、私たちは日本語と音楽の関係を検討してください。 私たちは、日本の楽器の音とスペクトラム・アナライザによる音声を分析します。 学生はウィリアム・マルムの日本の伝統音楽や楽器に加え、追加のエッセイを読みます。彼らはに耳を傾け、代表作品や日本の伝統音楽の演奏のオーディオおよびビデオ録画を研究するために割り当てられます。 特別なトピックは尺八(尺八)と禅仏教、雅楽のオーケストラとの関連舞楽ダンスにおけるその役割が含まれます。 日本の伝統的な楽器のための最近の音楽作品も検討されます。 人の音楽への洞察を得ることは、その人の文化や伝統への洞察を可能にします。 目標 このコースを完了すると、学生はに期待されます(私は)日本の伝統的な楽器、音楽の形、アンサンブル、そして日本の原則や音楽における美の基準の理解を実証することができます。 (ⅱ)説明し、西洋のクラシック音楽から日本の伝統音楽を区別する機能のいくつかについて話し合います。 (ハ)日本の楽器とそれぞれのための古典的なレパートリーからのいくつかの作品を識別することができます。 (ⅳ)日本の音楽と日本文化の変化との関係、社会組織、他の文化へと宗教的実践との関係の歴史と発展の知識を実証することができます。 音楽テクノロジーの概要 音楽楽譜作成ソフトウェアの包括的な調査、デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAWの)、MIDI、サウンド合成ツールとテクニック。 主にハンズオンおよびプロジェクトベース、コースはコンピュータの表記、サウンド編集とミキシング、およびサウンド分析/合成の基礎を学生に紹介しています。 音楽技術の概要は、クラスで取り上げた技術やリソースを活用し、最終的な創造的なプロジェクトのプレゼンテーションで最高潮に達します。 音楽技術または組成の以前の経験は必要ありません。 目標 このコースを完了すると、学生は知識と経験音楽技術ソフトウェアで作曲、制作、および分析のさらなる研究のためにそれらを準備するために必要なだけでなく、プロのアーティストによって採用ツールや手法のより深い理解を得られていますプロデューサー。 現代音楽の歴史 1900年以来、音楽の電流および技術の概要。 病巣は、事前に第一次世界大戦と戦後の前衛の動き、音楽や他の芸術分野の前衛と実験的傾向との関係、及びグローバル化の影響、社会政治的な不安定性、および音楽の創造に新技術の出現が含まれます。 二十世紀のジャズ、ポピュラー音楽のジャンル、非西洋音楽の伝統、および「コンサート・音楽」の他家受粉も対処されます。 目標 このコースが深まりと広がり、過去の世紀の音楽に学生の視点を重要なモダンで現代的なレパートリー、審美的な動き、そしてジャンルに精通して増加させることを意図しています。 このようなイベントや業績に重要な歴史的なイベント、科学技術の成果、そして芸術的応答との間の接続を描画する機能が強化されます。 音楽の基礎:ハーモニー、音楽を極める、とアレンジ 音楽リテラシーの基本と音楽の基礎を徹底し、統合された導入。 コースは色調ハーモニー、リズム、フォーム、および計装の必需品をカバーし、ゾルフ?GE、視力読み取り、キーボード能力、および導電性の経験を積むために学生を可能にします。 フレージング、ダイナミクス、アーティキュレーション、および音楽表現の他のモードも対処されることになります。 コースの活動が短いパフォーマンス、ディクテーション、組成、分析、および配置演習が含まれます。 目標 音楽の基礎音楽理論、耳の訓練、組成、パフォーマンス、および配置の研究のための基盤として存在します。 これは、基本的な概念の理解の開発、および音楽の基礎の行使徹底を含んでいます。 これらのスキルの習得だけでなく、作曲、パフォーマンス、および生産のさらなる研究のための学生を準備するだけでなく、愛好家の間で音楽鑑賞を高めることができます。 音楽やその他のメディア:学際的視点 音楽は歴史的芸術分野の最も抽象的と考えられてきた...だけでなく、(おそらく同じ理由で)他の芸術的メディアと全く互換性があることが証明されています。 Gesamtkunstwerkのワーグナーの概念を背景に、このコースは、音楽と過去一世紀かそこらにわたって探求視覚や芸能、その過程で生じている問題、課題、共同のモデル間の無数の交差を考慮します。 重点は、音楽・映像メディア(特にフィルム/ビデオ)と音楽とダンスの間の相互作用に配置されているが、劇場、建築、文学との関係についても対処しています。 第二十二十一世紀のマルチメディア作品に焦点があるが、歴史的な先例も議論されています。 目標 このコースは、過去世紀に出現したコラボレーションの精液マルチメディア作品やモードに学生を紹介します。 学際的な芸術的創造が直面しているの背後にある動機と課題のためのより深い理解と認識を得ることに加えて、学生が映画館にコンサートの設定、ギャラリーのインストール、および(より最近)ビデオゲーム/インタラクティブから音楽を移植の文化的影響の意識の高まりを得ることができますメディアコンテキスト。 セミナー(音楽) セミナーの役割は、卒業研究プロジェクト(GRP)、この部門のすべての学生のための卒業要件が正常に完了したことをサポートすることです。 本セミナーでは、各学生は、GRPが音楽の分野における概念、傾向、および慣行のレンズを通して、ベースとなっているライティング・アクロス・カリキュラム(WAC)のプログラムのために選択したテーマを見ていきます。 学生は、論文の開発の様々な段階で自分の研究を発表して交代します。 仲間は、セミナーの講師の監督の下、議論し、プレゼンターが自分の論文を洗練する機会を与えるために、各プレゼンテーションを批評します。 このような相互作用を介してピアは自分たちのプロジェクトの問題を回避する方法を学習します。 目標 このコースの終わりには、学生があります:(i)は、(ii)の習熟度の高いレベルの独自の研究プロジェクトで行われ、および(iii)高を書かれた、音楽の研究者の視点から重要な世界の問題を分析しました自分の選択したエリアにおける品質卒業論文。 ワークショップ:音楽実習I(即興アンサンブル) このハンズオン、包括的なワークショップは、即興の実践の様々な学生を紹介します。 活動は、マルチメディア(例えば、ビデオ、およびテキスト)に応じて即興 "ゲームピース、「エレクトロニクスと自家製の楽器との即興、および/と即興を構造化が含まれます。 ワークショップでは、最終的なコンサートで絶頂に達するだろう。 重点はパフォーマーの相互作用モデルと集団即興の「社会動態」上ではなく、特定の機器上の腕前に配置されています。 そのため、学生の一部にありません前にパフォーマンスの経験。 目標 このワークショップに参加を通じ、学生は、(i)即興の異文化とトランス歴史的概念と知り合いになります。 (ⅱ)そのリスニングとパフォーマンスの相互作用のスキルを向上させます。 (iii)の自由と創造的なプロセスにおける制約間の相互作用のより深い理解を得ます。 (iv)は、マルチメディアインタラクションモデルの広い範囲を探ります。および(v)は、日常の材料から楽器を構築して、表現豊かな楽器に家電機器を変換するに実地体験を得ます。 ワークショップ:音楽実践II(キーボード) キーボードレパートリーの多様性が実施されているすべてのレベルの学生を志望するためのワークショップクラスは、議論し、指導し、及び実施しました。 学生はいくつかの音楽の基礎、キーボードのスキル、調和と選択した歴史的、技術的な貢献とともに、キーに行うのさまざまな側面を使用してサウンドを生成する方法を学んで指示されます。 もちろん中には、時折マスタークラスは、ビデオ会議によって学生や国際的著名な音楽家との間の直接対話に係合、開催されます。 学生は各ミュージシャンから新しいテクニック、練習方法、および芸術に導入されるであろう、と彼らは自分の練習にレッスンを適用することができるようになります。 学期の終わりにパフォーマンス陪審のための個人またはデュオ性能が期待されています。 学生はまた、学習経験と研究他のコースまたはトピックとの関係に反映させるために、コース中に書かれた「練習ジャーナル」を維持するように指示されます。 初心者に十分なガイダンスを提供するために、クラスサイズは10人に制限されます。 目標 このコースの終わりには、学生のことができるようになります(ⅰ)鍵盤音楽の芸術のためのより深い理解と認識を持っていること、(ii)(ジャズ/ポップで主に使用される)伝統的な音楽表記、コード記号を読み、baroque-スタイル数字付き低音、(iii)の各性能のために望ましいトーンの解釈とスタイルを理解し、(iv)の音楽を作成を通じて自分の考えや感情を表現するには十分に従事。 ワークショップ:音楽実践III(合唱アンサンブル) 近代的にだけでなく、世界中の非古典的伝統から中世から作品を勉強を通じて、合唱アンサンブルは、人間の声の表現の可能性を模索することになります。 すべてのボーカルのレベルの学生に開放、学生たちは、彼らはまた、さらなる改善のためのボーカルと耳のトレーニングの練習が割り当てられます毎週合唱のリハーサル、に従事されます。 学期時折ビデオ会議中に自分の知識と実践を広げるために、様々な熟練合唱/ボーカルアンサンブルだけでなく、学生のための非西洋ボーカルの伝統の達人で開催されます。 学生は、学習体験を振り返る他人の練習方法から学び、アンサンブルの他のメンバーと関連付けるために共有ジャーナルを維持することが期待されます。 目標 このコースの終わりには、学生は、(i)様々なボーカル/合唱音楽と一般の音楽の歴史のためのより深い理解を持っていること、(ii)基本的な楽譜を読むことができる必要があり、(iii)の正確なピッチ、リズム、そして適切で歌いますアーティキュレーションおよび(iv)は、大規模なアンサンブルの設定で他のミュージシャンと協力します。 ワークショップ:音楽実践IV(日本の琴) クラス最高のワークショップ活動、割り当てられた個別の学習活動、実践、および個人およびグループのプレゼンテーションに基づいて、すべてのレベルの琴の学生を志望するためのワークショップクラス、、。 このワークショップでは琴を演奏する方法の能動学習を伴うであろう。 学生は、活動をリスニングに関与することになり、琴の音楽のための日本の伝統的な表記法システムの基礎を学びます。 ステップバイステップでは、学生は、基本的な演奏技術を学ぶために始めるシンプルな楽曲を研究し、より複雑な作品に進行するであろう。 インストラクターが指導し、学生を奨励するだけでなく、次回のワークショップ会議の準備のために練習するためにそれらに挑戦するだろう。 学生は、エッセイを読みに耳を傾け、代表作と琴の優れたパフォーマーのオーディオおよびビデオ録画を検討します。 学生は彼らの練習や他の学習ワークショップでの活動や、彼らが取っている他のクラスにこれらの関係について、書かれた日記を維持する必要があります。 @Near学期の終わりに、学生は、彼らが工房で開発した技術のレベルを示すために、短いパフォーマンス(個人や様々なグループ内)をご用意しております。 初心者に十分なガイダンスを提供するために、クラスサイズは10人に制限されます。 目標 このコースを完了すると、学生は期待されます(私は。)楽器の音生産に使用されるいくつかの方法を説明するために、オンを行うには適用され、適切な日本の用語を使用するために、江東区にいくつかの簡単な小品を演奏することができます江東;(ⅱ)説明し、西洋のクラシック音楽から琴の演奏のように日本の伝統音楽を区別する機能のいくつかを議論し、琴のための古典的なレパートリーから、いくつかの作品を識別することができる(ハ); (ⅳ。)琴や歴史的な設定とそれぞれの文化的意義のためのいくつかの伝統的な作品を議論することができます。 ワークショップ:音楽練習V(尺八) クラス最高のワークショップ活動、割り当てられた個別の学習活動、実践、および個人およびグループのプレゼンテーションに基づいて、すべてのレベルの尺八の学生を志望するためのワークショップクラス、、。 このワークショップでは尺八を演奏する方法の能動学習を伴うであろう。 それはこの楽器とこの音楽と楽器の特殊な特性に関連する学生は、適切な呼吸の重要性について学びます。 学生はリスニング活動に関与することになり、尺八の音楽のための日本の伝統的な表記法システムの基礎を学びます。 ステップバイステップでは、学生は、基本的な演奏技術を学ぶために始めるシンプルな楽曲を研究し、より複雑な作品に進行するであろう。 講師は楽器の演奏を実証し、学生を奨励するためにフィードバックを提供するだけでなく、次回のワークショップ会議の準備のために練習するためにそれらに挑戦するだろう。 学生は、エッセイを読みに耳を傾け、代表作と尺八の優れたパフォーマーのオーディオおよびビデオ録画を検討します。 学生は彼らの練習や他の学習ワークショップでの活動や、彼らが取っている他のクラスにこれらの関係について、書かれた日記を維持する必要があります。 初心者に十分なガイダンスを提供するために、クラスサイズは10人に制限されます。 目標 このコースを完了すると、学生は期待されます(私は。)楽器の音生産に使用されるいくつかの方法を説明するために、オンを行うには適用され、適切な日本の用語を使用するために、尺八にいくつかの簡単な小品を演奏することができます尺八; (ⅱ)説明し、西洋のクラシック音楽から尺八で演奏として日本の伝統音楽を区別する機能のいくつかについて話し合います。 (ⅲ)尺八のための古典的なレパートリーから、いくつかの作品を識別することができます。 (ⅳ。)尺八と歴史的な設定とそれぞれの文化的意義のためのいくつかの伝統的な作品を議論することができます。 学期の終わり近く、学生はワークショップで開発した技術のレベルを示すために、短いパフォーマンス(個人や様々なグループ内)をご用意しております。 ワークショップ:音楽と創造I このコースでは、学生の創造性を高め、学生にフィルムに設定された元、高品質の音楽の仕事を生産する経験を与えるために設計された対話型のワークショップです。 これは、音楽の複数のジャンルの名作、および宿題のための歌詞とメロディーを構成する学生を必要とする演習の中で、クラスの解析により達成されます。 チームとして、学生は視覚媒体(フィルムやビデオからのシーン)のための音楽を作成することに協力します。 主要な映画のシーンの分析を通じて、学生は映画のシーン内の役割の音楽の再生を学びます。 コースは、学生がコース開始から作業してきたオリジナルの音楽を録音した最終的なプロジェクトのプレゼンテーションでクライマックス。 目標 学生に彼らの創造力と音楽的能力のロックを解除する機会を与えるために。自分の創造力の各生徒の信頼を構築するには、学生が同時にに似て、生成、作曲&アレンジ、レコーディング&編集などの音楽制作のさまざまな側面を、導入しながら、多面的な/マルチジャンルの音楽作品を作成するための共同の努力で一緒に働くの経験を与えるために、学生は、現実世界のプロの状況で何を見つけるだろう。学生に専門的に生産音楽作品を作るの満足感を与えるために。 ワークショップ:音楽と創造II 創造力でより詳細なexercizesと作曲と生産のより詳細な研究を提供し、音楽と創造1:ワークショップで研究トピックに基づいて構築され、対話型のワークショップ。 音楽と創造1とは異なり、学生が自分自身によって元の最終的なプロジェクト組成物(ソロ)を構成し、実行するオプションを持っている、またはワークショップで他の学生と共同であろう。 この柔軟性により、各学生は、彼らのオリジナル楽曲最終的なプロジェクトの生産に使用するための映画のワンシーンを選択するオプションがあります。 各学生は、コースの最初からこのプロジェクトの完了に向かっていきます。 また専門的に大学のコンサートで、学生の最終的なプロジェクトオリジナル曲、音楽と創造学生の公演で2最高潮に達し「オリジナルプロジェクトの最終組成物を記録します。 目標 学生に彼らの最終的なプロジェクトのオリジナル楽曲の生産でより多くの制御を与えるために。さらに彼らの創造力で生徒の信頼を構築するには、学生に世界クラスの音楽作品を作るの満足感を与えるために。さらに、プロ、音楽制作の経験を学生に公開するには。 ワークショップ:西洋と日本の伝統楽器のために作曲 イン・クラス活動、割り当てられた個別の学習活動、実践、および個人およびグループのプレゼンテーションに基づいて、すべてのレベルの音楽の学生を志望するためのワークショップ、。 このワークショップは、作曲家が書いたかの能動学習を伴うか、自分自身の音楽を手配します。 学生はリスニング活動に参加され、標準的なウェスタン、日本の伝統、そして実験的なグラフィック表記システムを探求します。 ステップバイステップ、学生が歌ったり楽器を演奏し、より複雑な型に進行することができるシンプルな楽曲、上で動作するように開始されます。 学生は、楽曲の理解を改善するために、彼らはその後、自分の組成を検討すると一緒に、クラスが行い、互いの新規組成物を研究しようとする様々な音楽的な問題を解決しようとします。 学生は、ダンスや演劇での楽曲に関連する重要な関係を調査します。 インストラクターが指導し、学生を奨励するだけでなく、次回のワークショップの会議の準備のために宿題組成活動や演習を完了するためにそれらに挑戦するだろう。 学生は、エッセイを読んで録音を聞くとクラスで学ん選択した作品の楽譜を見直します。 学生は、継続彼らが取っている他のクラスにワークショップとの関係における学習活動について書いて、ジャーナルを維持します。 目標 (1)各レベルでは、学生は定期的に提示するとワークショップのメンバー、独自の組成や仲間のワークショップ参加者のものと話し合います。 (2)このコースを完了すると、学生はに期待されます:(i)は、西部のコンテキストで、伝統的な日本の音楽の文脈で両方音楽の作曲で使用されるいくつかの基本的なアプローチを理解します。 (ii)は、いくつかの、短い音楽作品を構成することができます。 (iii)は、自分の楽曲と他のものを議論することができます。 (iv)の学期の終わり近く、学生がワークショップの学期の間に構成される彼らの新しい作品を、提示する短いプログラムを用意しております。および(v)の学生は、組成物およびそれらの性能( 'と仲間の学生)コヒーレントに自分の背後にあるアイデアや方法を議論することができると期待されます。 ワークショップ:解釈ダンス このコースでは、すべてのレベルの学生のためのインタープリティダンスの紹介です。 学生はしばしば解釈ダンスで使用されるダンスの動きの多様性を学ぶことができますし、他の人を探求し始めます。 学生はより深いコミュニケーションを可能にする方法で、自分の体を形作っていきます。 のために彼らは、バックグラウンドのエッセイを読むために、そのようなマース・カニングハムと彼のダンスカンパニーの仕事だけでなく、いくつかの先住民族のネイティブ舞踊に関する他の材料として解釈ダンスで重要な過去の実績、約映像素材を研究することが期待されます解釈ダンスの独自の理解を深め。 中心的な重要性を即興の方法で他の人とのコミュニケーションの可能性を探索し、それによりインナー創造の源を見つけることによって、自己発見のプロセスに従事されます。 すべての学生は、ワークショップやリハーサルでの経験を学習の記録が保管されている学期プラス彼女/彼が取っている他のコースへのこれらの学習経験の関係での反射時に書き込まれたジャーナルを維持することが期待されます。 学期の終わり近く、学生はワークショップで開発した技術のレベルを示すために、短いパフォーマンス(個人や様々なグループ内)をご用意しております。 目標 成功したことができる必要があり、このコースを修了した学生:1)彼/彼女は彼女/グループ解釈ダンスの発表やソロのダンスの彼の部分(複数可)をpreprareし、提示するために、このワークショップで得られた自己理解とスキルを使用する方法を説明するために、 2)、彼女/彼はthteワークショップセッション中に学習や発見したいくつかのダンスの動きを示すために、3)コヒーレントかつインテリジェント過程で検討されているいくつかのよく知られているダンサーとダンスカンパニーの仕事を議論するため、および4)〜ワークショップの過程で解釈ダンスの彼/彼女のスキルでavancedています。 インストラクター: アレクサンダーSigman 非常勤講師: 綾仁科 ダンスの女性 [-]

国際教養科目で学士:言語芸術(文学、言語学)

キャンパス 全日制課程 April 2018 日本国 Kōfu

言語の概念の概要は、学生に科学的なポイント・オブ・ビューからのさまざまな言語間で類似点と相違点を表示することによって、言語の概要を提供しています。 [+]

国際教養学士:言語芸術(文学、言語学) 言語の概念の概要 言語の概念の概要は、学生に科学的なポイント・オブ・ビューからのさまざまな言語間で類似点と相違点を表示することによって、言語の概要を提供しています。 人間の言語の独自の研究では、人間の心と言語への認知の関係を見ていることを意味します。 このコースでは、我々のような質問について考えます:言語は何ですか? それは言語を知っているとはどういうこと? どのような方法では、人々は彼らの第一言語を取得していますか? 彼らはどのように追加の言語を取得していますか? どのように人間の種と人間の認知と文化の発展に固有の言語がありますか? どの言語が心にウィンドウの一種でありますか? 言語の影響アイデンティティがどのようにでしょうか? 単語(形態学)、(ほとんどの人が「文法」と呼んでいるものの構文、)文章、意味(セマンティクス)、及び音(音声学と音韻論):言語学研究のいくつかの正式な分野から構成されています。 また、言語についての知識が異なる文化(社会言語学)の社会状況で適用される方法の研究が含まれており、人々が言語(言語習得)を学ぶ方法。 私たちは言語のこれらの側面のそれぞれを検討します。 最後に、このコースは、世界中で使用されている言語と言語の種類の多様な範囲への導入として機能します。 事実上すべての行為と確かな知識のすべてのフィールドは、そのような数学や音楽などであっても非言語のフィールドは、命令と学習の主要な手段として、言語に依存します。 言語は間違いなく人類の単一の最も重要な認知能力です。 人間の言語は非常に多様であり、言語は文化の構築に不可欠であるため、いくつかの基本的な言語知識が深く文化と人間性そのものの多様性を理解したい学生のために、大いに啓発、そうでない場合は必要不可欠であるということになります。 目標 このコースの主な目的は、言語自体、そして人間の思考や行動で、その基本的な役割の性質のために学生を導入することです。 それは詳細を調べることによって、原則を明らかにしようとする科学としての言語学の科学的性質の根底にあるため、ここでの大文字は、意図的なものです。 学生は、言語のさまざまな側面に接近する方法を学習します:問題解決の観点から、形態、構文、音韻論の\を、そしてそうすることで、言語学者は言語とすべての人間の言語の基礎となるこれらの交絡システムの固有の性質を研究する方法を学びます。 アウトコースを通じて、学生は言語系の普遍性を体験させることの目的は、むしろ彼らの離散性よりも、最も重要です。 言語は私たちホモ・サピエンス作るものは主であり、ほぼすべてのヒト特異的思考パターンや行動のルートです。 社会言語学 このコースでは、言語の専門用語や方法の初歩的な知識を持つ学生に「社会言語学」の概念を紹介します。 社会言語学は、相互関係、言語と社会における方法の研究です。 学生は、このような方言の変動、および紳士録(言語の特定の用途の様々な社会的文脈)などのトピック、およびこれらの要因の影響が方法を研究し、形状のアイデンティティと文化を支援します。 コースで覆われた他のトピックは、イデオロギーや言語に関連した態度、そして彼らの、政治、教育、社会、さらには経済的結果になります。 目標 当然の主な目的は、言語意識の欠如から生じる社会における言語の中心的な役割の学生の意識を高めることを目標に、上記に引用原則と偏見を教えることです。 これらは、特に、通常はあまり好ましくない社会集団によって話さあまり好意方言に対する態度が含まれます。 一つはめったにこれらのグループのメンバーが使用する言語から人種や民族格差を分離することはできません。 世界英語 このコースは、英語の正式な研究を紹介しています。 その歴史、その現在の使用量、および世界中のさまざまな方法でその広がり:このように、コースは英語に関するいくつかの重要な要因に焦点を当てます。 英語がよりグローバル化、または国際化になると特に、世界のさまざまなEnglishesは現実のものとなっています。このコースでは、これらのEnglishesとその増殖の理由のいくつかを探ります。 学生は英語の世界の支配的な品種のいくつかのネイティブスピーカーのために書かれた資料を読みます。 自然の今日 "標準"の英語で何の議論とどのようにリード上記の問題は、「ネイティブスピーカー」です。このコースの利点の1つは、学生が自分の理解といくつかのレベルでの英語の "レベル" \文法、語彙、発音などを評価し、\、彼らはより高い英語の流暢さと習熟度を開発することができる方法を議論することが期待されるということです。 学生はまた、いくつかの英語包埋文化的価値と文学的表現に慣れる機会を持つことになります。 本質的には、このコースは、文化的なストレージの言語や媒体としての英語の豊かな世界に学生を紹介します。 目標 このコースの目的は、したがって、支配的な21言語の言語と世界の出来事や文化的態度への影響としての英語の学生の意識を高めることです。 このコースの非常に重要な側面は、世界の共通語としての英語の社会的、政治的な意味合いの学生に認識させることです。 文学鑑賞 文学鑑賞、読書理解し、詩、小説やドラマを鑑賞するための基本的な原則に焦点を当てます。 コースは、短い小説で始まる短い小説、文学に関連した詩、詩と詩の公演に関連したフィルム、およびフィルムの様々な読み取りに進みます。 コースは1幕劇で終了してもよいです。 小説はストーリーを読み、小説を議論するために必要な基本的な用語を学生に紹介するいくつかの代表的なショートストーリーで構成されています。 近く文学言語の読みと言語は想像的思考を表し、そして気持ちで思考をマージする方法に重点を置いがあります。 学生は両方が書かれたように、さまざまな方法で詩を考慮し、生活のように、継続的に、経口テキストを進化します。 クラスは、詩や感情や現代ラップフィルム、スラムに焦点を当てていまを生きるような映画を見ます。 当然の別の態様は、詩や他の芸術、特に絵画と音楽の関係を学生に紹介します。 学生はもちろん、広く読んで、参加や小グループでの議論をリードし、分析的論文を書く、理解と個人的な解釈の精度を必要とする10仕訳を作成し、することが期待されます。 最も重要なのは、このクラスは、気持ちの最高言語としての文学言語の生活経験に専念されます。 目標 目的は、どのようにさまざまな文学作品に近づき、その表面とシンボリックコンテンツの高い理解に到達するために学生を教えることに焦点を当てます。 これは、詩や架空の作品の様々な種類の構造だけでなく、リテラルと比喩両方の言語に細心の注意を理解することが含まれます。 望ましい結果は、単に文献の内容を理解していないが、それは容量の点で学生にもたらす価値はより深く人間の条件に共感し、普遍的な人間の経験や人々が住んでいる社会的文脈についてより深く考えるように彼ら命。 叙情詩 抒情詩は、2つの意味で歴史的アプローチ以下の抒情詩に学生を紹介します:1)歌詞の歴史的ルーツは、古代と現代の歌詞の例を通して検討する、必ずしもより最近に古いから、しかし、時系列の基準点と、 2)の詩の多くの、歴史的、社会的、審美的な背景が解釈と鑑賞の過程で考慮されます。 詩のツールとしてだけでなく、テーマ別の比較はもちろんの重要な一部となります。 フォーマットは、最低でも講義と小グループディスカッションとなります。 このクラスは、必ずしも必要ではないが、長期的な紙を詩に応答して、書き込みの多くを必要とします。 サッポー、カトゥルスを、および他のギリシャ語とラテン語作詞家、いくつかのプロバンスフランスの詩を選択:学生は読まなければならない詩人の一部が含まれます。 シェークスピアのソネット、ジョージ・ウィザー、ブレイク、ワーズワース、バイロン・ディッキンソン、ホイットマン、マリアン・ムーア、エリザベス・ビショップ、ウィリアム・カルロス・ウィリアムズ、ウォレススティーブンス、ロバート・フロスト、エズラ・パウンド、スティービー・スミス、ボブ・ディランのような近代的な曲の作詞家、および多くの他。 目標 主な目的は、見ることによって、その歴史的な文脈ではなく、主に時系列イベントとしてではなく、それらのイベントによって作成された条件に対処する特定の時間に設定された著作物として詩的な作品の理解と楽しさを増大させることです。 音楽の言語として詩を読んで、聞くために学ぶことがこのコースの顕著な目的です。 世界文学の主要なテーマ 世界文学の主なテーマは、様々なジャンルと世界の文献全体のテーマの治療を研究する世界文学や学生からの主要なテーマを選択します。 テーマは、より広いカリキュラムの目標と学際的なアプローチのための彼らの妥当性に基づいて選択されます。 学生は、国際理解、文学スタイルと哲学的視点に関連する特定の目的で選択された作品を読みます。 可能なテーマの一例は、「マジカル・リアリズムの作品における現実と錯覚。 "となりますカート・ヴォネガットの猫のゆりかご、村上春樹さんのザ・ハードボイルドワンダーランドと世界の終わり、孤独のガブリエルマルケスの百年、カメラキング、ボルヘス」のレーのザ・ラディアンス」:このテーマを学生には、次の一部または全部を読んでいましたボルヘスと私」、世界中の偉大な作家や詩人によって他の短編小説や詩の選択。 私は、これらの作品は、すべてではない一部の評論家によって「魔法のリアリズム」と考えることができるが、これは学生が作品がに関連し、または互いに異なる方法を自分で決めるためにコース\に直面する重要な課題の一つであることを強調したいです。 別の非常に刺激的なテーマは、アフリカやインドのディアスポラの作品を比較し、欧州の植民地時代の作家によって、これらのイベントを処理したものであろう」、ポスト植民地時代の文学とクリティカル談話における言語の役割」であろう。 目標 このコースの目的は、すべての文学コースの目標と同じである:創造的な作品を理解するために、学生の能力を高めるために、素晴らしい作品を読んでの経験から知的と感情的に成長します。 これは当然の歴史の中で歴史的、社会的なイベントの意識だけでなく、多様な文化と歴史の期間に、人間の経験が含まれています。 比較文学研究 比較文学研究において、我々は、特に、日本の、世界文学の著名な中心的なテーマを調べ、日本と西洋の作家から文学や芸術を検討します。 たとえば、私たちは、日本と西洋の作家や芸術家の両方による第二次世界大戦への応答の選択をカバーし、両方の時間的、テーマ別の意味で「戦後」と考えた作品を選択することができます。 我々は過去六十から五年間に公開された戦争のに対する反応と表現を考えるように私たちは小説、戯曲、短編小説、詩、エッセイ、映画、写真、ダンス片、およびグラフィックノベルが発生します。 私たちは広島と長崎に投下されホロコーストへの応答と原子爆弾を中心とした始まりますが、我々はまた、これら二つの極めて重要なイベントの外にある戦時中の経験の描写を読み込みます。 私たちは可能性があることトラウマとメモリの問題に特に焦点を当てこれらの悲惨な測定値との視聴が提起した質問、ならびに倫理的責任の役割を明確にするクラスとして一緒に働くように学生が頻繁に書き込みの割り当てを完了するように求められます読者や視聴者として負担します。 これらの短い割り当てに加えて、学生はもちろんでカバー少なくとも一つのテキスト、およびそれの少なくとも一方の外側を扱う最終、10ページの研究論文を書くために必要とされるであろう。 目標 メインコースの目的は、学生がコースに読まなければならない複雑な文学作品を理解するために、学生の能力、社会的文脈と人間の条件、それは想像力の読み聞かせを通して明らかにされているように、詩的な表現やドラマの成長です。 比較の文脈で作品を研究することによって、学生は言語的意識からの文学作品の深遠な文化的側面に至るまで、貴重な批判的思考スキルの数を学びます。 ジャンルを越えたクリエイティブライティング 、演じるフィクション、またはそのような自伝や旅行記などの創造的ノンフィクションエッセイ、詩:ジャンルアクロスクリエイティブライティングは、学生が次のうちの少なくとも2つを選択し、ジャンルを横断創造書き込みする機会を提供します。 作品は、このような詩の小説や書籍などの長いプロジェクトの一部として考えることができますが、上記ジャンルのうちの少なくとも2つは、もちろん中に試みるべきです。 また、このコースの一部は、各学期末に向けて生産作品の朗読であろう。 マルチメディア作品は、音楽、ステージパフォーマンス、または図面、絵画や写真の視覚芸術と文学をブレンドし、奨励されています。 また、学生はもちろん中に選択した作品から読み込むように求められます。 目標 詩、小説、戯曲、および/または創造的なノンフィクション:このコースの目的は、いくつかの選ばれた分野で創造的に書き込むための学生の機会を提供することです。 コースは発達であるため、主に専門分野を横断創作における才能と興味を持つ若い作家を奨励することを目的とします。 高度な説明文 高度な解説の書き込みは、組成物2または解説リサーチライティングのレベルを超えて、その基本的な書き込み能力を改善することを選択する学生のための書き込み指示と経験を提供するように設計されています。 解説文の中のテーマやジャンルは柔軟であり、教師と生徒の興味に依存するが、このコースは、基本的に高度なレベルで学生作家のためのワークショップです。 学生はもちろんの間に少なくとも三つの異なる書き込みプロジェクトをカバーする洗練された書き込みの2000〜3000の単語を生成するための柔軟性が明確なアイデアと、この一般的な期待から逸脱する理由を持っている学生に延長されるもののゴールは、あります。 もちろん、一つの結果は、期間中に書かれており、おそらく言語芸術エリアの他のライティングのクラスの作品と組み合わせた作品のミニジャーナル出版物が含まれる場合があります。 一般的に、コースは学術論文を書くことを希望する学生が講師の許可を得てそうするかもしれませんが、文書化された学術研究論文を必要としませんが、創造的なノンフィクションのカテゴリーに入るだろう。 目標 このコースの主な目的は、このコースで注目の学生の選択された焦点である場合、学生が最も興味深いと便利な、特に創造的なノンフィクションが、より多くの学術的な書き込みを見つけ地域でライティングスキルを向上させることです。 職場のための英語コミュニケーション このコースは、英語で効果的かつ適切な専門的な相互作用が必要とされる他の職場の人、企業、学校、他の機関と通信するための実践的なライティングスキルを学生に提供します。 ライティング、スピーキングスキルの両方が、モデル化された実践と評価されます。 コースは、多くの場合、多くの場合、音声通信コースやプレゼンテーションのコースで教えられたコンテンツや活動とテクニカルライティング講座で教えられているものを結合します。 、正式な報告書を書いて、適切な電子メールを書いて、分、会議の要約、書き込みの提案などを書き込むなど、書き込みのトピックと実践の一部。 話すトピックや活動のいくつかは、パワーポイントまたはいくつかの他のプレゼンテーション方法論との口頭発表を与え、グループミーティングでのコミュニケーション、電話やスカイプで英語でのコミュニケーションが挙げられます。 このコースの主な焦点は、適切な反映実用的なガイドラインと実践効果的な書き込みのために、プロの文脈で言えば、明確かつ論理的なコンテンツの編成、正確な文法的な使用法だけでなく、必要で、単語や文章の明確な表現だけでなく、適切なレジスタを提供しています丁寧さ、形式および非公式の度。 目標 このコースの主な目的は、書き込みや、様々な専門的な文脈で言えば、両方で効果的に通信するために学生を準備することです。 これを行うために、学生はまた、次のことを達成するために努力しています:(1)電子メール、レポート、仕事のために履歴書を伴うために、正式な提案、ビジネスレター、および導入の手紙の準備を書き込むためのフォームと適切なレジスタを学びますアプリケーション;及び(2)電話通信、挨拶や紹介、および公式・非公式のプレゼンテーションのためのフォームと適切なレジスタをご覧ください。 セミナー(言語芸術) RECORD、カービーアリソン このコースは、文学研究に関連する文献やフィールドでのトピックをカバーする集中コースです。 これは、幅広い詩、小説、ドラマの文学ジャンルを横断し、多様な文化から文学の研究に様々なアプローチを紹介します。 また、学生は、欧州やいわゆる「第三世界」文献の扱うポストコロニアル文学として歴史的なテーマを、複数の著者をカバーするテーマ別のアプローチに、特定の著者の仕事への集中から自由にトピックを選択し、することができますインド、アフリカやカリブ海。 当然の前半は、学生の興味に基づいて、様々な文学的テーマを読み、議論に費やされます。 後半は詳細に学生プロジェクトに焦点を当てると、多くの場合、そのセミナーの紙に自分の仕事の様々なステージの学生のプレゼンテーションで構成されます。 セミナーセッションの出席は必須であり、もちろんグレードの重要な一部を構成します。 可能な内容は次のとおりです。ポール・ボウルズ、駐在アメリカ、ヨーロッパおよびインド/アフリカポストコロニアル作品の比較、の文章をポール・オースターなどの詩と小説で魔法のリアリズム、言語使用の作品でメタファー 目標 当然の主な目的は、どのように、独立した研究を行うために情報を分析し、合成すること、およびクリティカル、情報に基づいた方法で学術テキストに対応するためにそれらを教えるために、言語と文学に関心領域の学生の独自の探査を導くことです。 OLAGBOYEGA、Kolawole Waziri このセミナーでは、言語とその多くの学際的な側面に関連する問題に焦点を当てます。 学生は通常、言語学や応用言語学の研究で覆われている任意のトピックに書き込むことがあります。 これらの中でも言語習得など、言語と社会、方言、文法、語彙と意味に公式・非公式のアプローチ、普遍文法とその理論と実践の意義と社会言語学的懸念を含みます コースは、講義や関連するトピック上の測定値の議論の周りの前半で構成されます。 当然の主な目的の一つは、学生が後半に継続されます彼らの研究テーマを選択するのに役立つであろう。 後半は詳細に学生プロジェクトに焦点を当てると、多くの場合、そのセミナーの紙に自分の仕事の様々なステージの学生のプレゼンテーションで構成されます。 セミナーセッションの出席は必須であり、もちろんグレードの重要な一部を構成します。 目標 当然の主な目的は、どのように、独立した研究を行うために情報を分析し、合成すること、およびクリティカル、情報に基づいた方法で学術テキストに対応するためにそれらを教えるために、言語と文学に関心領域の学生の独自の探査を導くことです。 インストラクター: Kolawole Olagboyega カービー・レコード ジョージT. SIPOS シンシアスパーダ [-]

お問い合わせ

Yamanashi Gakuin University

住所 Yamanashi Prefecture, Japan
Kōfu, 日本国
ウェブサイト https://www.icla.jp/en/