About

The University of Latvia has been founded in 1919 and currently, with its more than 14 000 students, 13 faculties and over 20 research institutes and independent study centers, is one of the largest comprehensive and leading research universities in the Baltics. The University offers more than 130 state-accredited academic and professional study programs.

At the University of Latvia, research is conducted in over 50 research fields which represent four main areas of inquiry: the humanities, natural sciences, social sciences. The University of Latvia pays great attention to the development of international collaboration.

The University of Latvia devotes great attention to the development of international collaboration to promote its identity internationally and to strengthen the reputation of the University worldwide. To date, the University of Latvia has signed 136 bilateral agreements worldwide and more than 700 agreements with 368 institutions in 32 European countries within the ERASMUS+ program. Both incoming and outgoing exchange students use one of the available student mobility agreements: ERASMUS+, ERASMUS MUNDUS (Aurora, AESOP, LEADER), CAMPUS EUROPAE, ISEP, bilateral agreements, and agreements between countries.

More information at www.university.lv/cooperation ERASMUS MUNDUS is a cooperation and mobility program in the field of higher education that aims to promote dialogue and understanding between people and cultures through cooperation with third countries. Partnerships between European and third-country higher education institutions include scholarships and fellowships for mobility at all academic levels (undergraduate, master’s, doctorate, postdoctoral and staff). The University of Latvia is currently a partner in 9 ERASMUS MUNDUS projects.

QS World University Ranking

This year, University of Latvia (UL) has risen by 50 places in one of the world’s most prestigious rankings of higher education institutions – QS World University Rankings, and now occupies 651th–700th place, according to the data released September 6. In 2015, UL was ranked 701th–800th. UL is the first and, so far, the only higher education institution in Latvia to be included in the ranking of this level, and the significantly improved position clearly shows that UL firmly stands among the world’s top 5% of universities.

Quality management at the University of Latvia

Due to the fact, that everyone has a different understanding of the quality subject, various definitions of this term have arisen over time. These definitions cover different fields – from the quality of products to organization management. Within the framework of the EU Phare Multi-Country Program’s in Higher Education project “Quality Assurance in Higher Education”, the Quality Assurance Manual for Higher Education was published. Authors of the Manual offer few conceptions of quality, which are most relevant to higher education, namely:

1) Quality as excellence – conception’s goal is to strive to be the best.

2) Quality as “fitness to purpose” – quality of something for a specific purpose.

3) Quality as transformation – while students’ goals and views are changing, the university is able to vary with them and achieve their needs, i.e. adapt.

4) Quality as a threshold - the university sets certain norms and criteria. Any unit that reaches or surpasses these norms and criteria is deemed of quality.

5) Quality as minimum standards - a broad definition of desired knowledge, skills and attitudes of graduates.

6) Quality as enhancement – the university should improve continuously.

To ensure quality at every level of the organization, the university should establish appropriate quality management system.

The priority of quality assurance in higher education is stated both by European legislation and practices (Bergen communiqué - Standards and Guidelines for Quality Assurance in the European Higher Education Area) and by Latvian state legislation. These documents emphasize the necessity of implementation of internal quality assurance system in the universities.

Quality management and audit department are responsible for development and implementation of quality assurance system in the UL.

こちらで受講可能な講座:
  • 英語

この大学がさらに提供しているのは:

Bachelor

University of Latvia

The study program is aimed at academic studies in Chemistry and preparation of specialists in Chemistry. ... [+]

In 2012 the Program has been awarded the label of “Chemistry Eurobachelor” by the Labelling Committee of the European Chemistry Thematic Network Association (ECTNA, Certificate Nr. EB1104, 18.04.2012.)

The study program is aimed at academic studies in Chemistry and preparation of specialists in Chemistry.

Study courses cover the main directions of Chemistry: inorganic, organic, analytical, physical, and biological chemistry, and through electives and research some specialization is available in organic synthesis, in food chemistry, or in practical analytical chemistry. Students acquire also the necessary knowledge in mathematics, biology, and physics.... [-]

ラトビア リガ
大学から情報を求める
英語
全日制課程
3 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

The aim of the European Integration and Global Development bachelor program is to prepare professionals for careers related to the development processes in Europe and abr ... [+]

The aim of the European Integration and Global Development bachelor program is to prepare professionals for careers related to the development processes in Europe and abroad. Students will acquire the knowledge and skills needed to understand European integration and, by focusing on the interdisciplinary study of sociology, political science and communication will come to understand development as a global phenomenon. The Baltic experience will be utilized in order to illustrate the transformation towards a viable market economy, effective governmental structures and successful participation in European integration. Upon completion of the program, students will be able to analyze development processes and the European experience and assist in the promotion of mutual relations and cooperation between Europe and developing countries.... [-]

ラトビア リガ
大学から情報を求める
英語
全日制課程
3 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

このプログラムは、学生が選択した言語モジュールに関連して、言語研究と文化および地域研究を組み合わせたものです。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:3年間(180 ECTS)学習言語:英語賞:学士(アジア研究の人文科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

このプログラムは 、学生が選択した言語モジュールに関連して、 言語研究と文化および地域研究を組み合わせたものです 。

プログラムは4つの言語モジュールに分かれています 。日本語モジュール。 Sinologyモジュール:中国語、古典中国語(ウェンヤン);インドおよびインドネシアのモジュール:ヒンディー語またはチベット語またはインドネシア語。中東モジュール:アラビア語またはトルコ語。... [-]

ラトビア リガ
9月 2020
英語
全日制課程
3 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

このプログラムは、ACM / IEEE Computing Curriculaの推奨事項に従って設計されています。情報教育のための欧州品質保証ネットワークにより、Euro-Inf品質ラベルが授与されます。卒業後、学生はマスターレベルで勉強を続けることができます。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:4年(240 ECTS)学習言語:英語賞:学士(人類学の人文科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

このプログラムは、 ACM / IEEE Computing Curriculaの推奨事項に従って設計されています。情報教育のための欧州品質保証ネットワークにより、Euro-Inf品質ラベルが授与されます。卒業後、学生はマスターレベルで勉強を続けることができます。

フルタイムプログラムは、4学年を対象としています。クラスは主に、営業日の午前8時30分から午後6時までです。... [-]

ラトビア リガ
9月 2020
英語
全日制課程
4 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

このプログラムの目的は、国家、民間、国際機関で働く国際的な経済と商業外交の問題で優れた指揮権を持ち、独立した決定を下し、日常業務を処理し、ラトビア人と外国人と協力できる資格のある専門家を準備することです組織、オフィス、企業。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:4年(240 ECTS)学習言語:英語賞:学士(国際経済学の社会科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

このプログラムの目的は、国家、民間、国際機関で働く国際的な経済と商業外交の問題で優れた指揮権を持ち、独立した決定を下し、日常業務を処理し、ラトビア人と外国人と協力できる資格のある専門家を準備することです組織、オフィス、企業。

プログラムの計画された結果は、次の一般的および特定の能力の確保です。現代の国際経済のプロセスの方向付けと、統計的、計量経済的、および定量的および定性的分析の他の方法を使用して分析する能力交渉、協定への署名、国または企業の利益の代表などを含む国際貿易、金融、その他の活動に効率的に参加するための商業外交の基本条件について理解する。グローバルな経済環境に適応し、グローバルな競争の状況で意思決定を行う能力。... [-]

ラトビア リガ
2月 2020
英語
全日制課程
4 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

学習プログラムは、後の学術的または職業的キャリアを築くための人類学的知識と研究スキルの強固な基盤を学生に提供します。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:3年間(180 ECTS)学習言語:英語賞:学士(人類学の人文科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

学習プログラムは、後の学術的または職業的キャリアを築くための人類学的知識と研究スキルの強固な基盤を学生に提供します。

それは、人類学の主要テーマ、経済的および政治的人類学、および性別と宗教の人類学の両方を網羅しているため、学生が批判的思考と学際的な分析スキルを開発するのに役立ちます。このプログラムは主に公共人類学とバルト海地域を対象としていますが、学生は学部内の経験豊富な監督者の支援を受けて、独自の研究トピックを開発および調査することをお勧めします。... [-]

ラトビア リガ
9月 2020
英語
全日制課程
3 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

このプログラムは、言語研究とビジネス研究を組み合わせ、現代の経済的および政治的環境で運営されている企業や機関での国際的なキャリアに向けて学生を準備することを目的としています。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム、パートタイム名目期間:4年(240 ECTS)フルタイム、5年(240 ECTS)パートタイム学習言語:英語賞:学士(人文科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

このプログラムは、言語学とビジネス学を組み合わせたもので、 現代の経済的政治的環境で運営されている企業や機関で国際的なキャリアに向けて学生を準備することを目的としています 。 3つの選択モジュールはすべて、ビジネス英語、金融英語、法律英語、および他の現代言語の一般的およびビジネス的側面の学習で構成されています。... [-]

ラトビア リガ
9月 2020
英語
全日制課程
定時制課程
4 - 5 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

学習プログラムは、バルト諸国ではユニークです。専門学士の研究プログラム「産業工学」は、非常に資格があり、競争力があり、有能な専門家を準備します。プログラムが正常に完了すると、工学科学の専門学士号と「システム管理エンジニア」の専門資格が得られます。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:4年(240 ECTS)学習言語:英語賞:プロの学士(インダストリアルエンジニアリング管理のプロの学士号、プロの資格:システム管理エンジニア)認定:学習プログラムは認定されています概要

学習プログラムはバルト諸国でユニークです 。専門学士の研究プログラム「産業工学」は、非常に資格があり、競争力があり、有能な専門家を準備します。プログラムが正常に完了すると、工学科学の専門学士号と「システム管理エンジニア」の専門資格が得られます。... [-]

ラトビア リガ
2月 2020
英語
全日制課程
4 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
University of Latvia

国際ビジネスに特化したプログラム「経営管理」の目的は、学生が国際環境で自分のビジネスを展開する準備をするか、国家、民間および国際機関で高度な資格を持つ専門家として働くことです。 ... [+]

ハイライト調査場所:ラトビア、リガタイプ:学部、フルタイム名目期間:4年(240 ECTS)学習言語:英語賞:学士(経営学の社会科学の学士)認定:学習プログラムは認定されています概要

国際ビジネスに特化したプログラム「経営管理」の目的は、学生が国際環境で自分のビジネスを展開する準備をするか、国家、民間および国際機関で高度な資格を持つ専門家として働くことです。

卒業生は、法律と規制の文脈で起業家精神の分野で働くための能力の完全な範囲を持ちます。学生は、個人とグループの両方で働くように訓練されます。また、プレゼンテーションスキル、分析スキル、批判的思考スキルを身に付けます。これらは、労働市場が効果的であり続けるために必要です。 。... [-]

ラトビア リガ
2月 2020
英語
全日制課程
4 年間
キャンパス
日本語で続きを読む
Address
Raiņa bulvāris 19
リガ, ラトビア
Webサイト
電話
+371 67033997