コンピュータ理工学は - 「自動化された情報の処理と管理」をプロファイル

一般

講座の説明

もちろん中には、学生は以下の分野で理論的知識と実践的なスキルを受け取る:情報処理と管理のための自動化システムの開発、情報システムおよび技術の開発、情報システムの有効性の自動化と分析を。ハイテク施設の情報システム開発のライフサイクルサポート。自動車輸送のオブジェクトの管理における人工知能技術。整理情報ベースとデータバンクを実施するための方法の開発。輸送上のデータウェアハウスおよび分析システム。輸送のためのマイクロプロセッサベースのシステム。コンピュータシステムと情報のネットワークの構築。通信技術、電子文書管理、電子データ交換。マルチメディアシステムと複雑なアプリケーションの開発。

実践·雇用

部門の卒業生は、ビジネスアーキテクト、プロジェクトマネージャー、システムアナリスト、inzheneramisistemotehnikami(開発者)、自動車輸送の企業の実装の情報システムや情報リソースは、データベース管理者やコンピュータネットワーク、サービスエンジニア、プログラマーの専門家だけでなく、動作することができます他のセクターの企業や組織で。 ACSが正常に企業や団体、省庁の様々な私たちの国ではないだけ働く部門の卒業生は、彼らはヨーロッパやラテンアメリカのCIS諸国、東欧諸国、いくつかの国で自分自身を証明されています。

最後に7月 2015を更新しました。