こちらで学士プログラムがある一番良い大学を見つけることができます!

こちらで学士プログラムがある一番良い大学を見つけることができます!

様々な学習目的地に関する詳細情報

以下のリンクにクリックし、様々な国での学習について読んでみよう。 国々における一般的な情報を提供し、各国の高等教育システム、学費、学年の構造、国際的留学生のための研究の可能性などについて説明いたします。 健康保険、留学生のビザ、生活費に関する便利なポイントや実用的な情報についても書いてあります。

学士号を習得するためのグローバルな可能性

世界中の国々が産業ベースの経済から知識ベースの経済から変化しています。就職を始める際に、学士号はますます人気を持ち、雇用者に求められています。 学士号はどの学問分野においても提供されています。その中にも、最近まで存在しなかった、情報技術のような専門分野もあります。 修士号が必要とされている職業、例えばカウンセリングまたは研究に関わる仕事などにへ進んでいきたい学生達のためのスタートポイントです。 世界中に何千ものカレッジや大学がありますので、どなたでも自分が求めている学部レベルの学習イメージに合わせた高等教育機関を見つけられるはずです。

世界中に様々なタイプのカレッジ、大学やその他の高等教育機関が存在します。 高等教育の三つのレベル(学部、大学院修士課程と大学院博士課程)の学位を提供している大学もいれば、学士号だけに焦点を当てている大学もあります。 自分のニーズに合わせた高等教育機関を探さなければなりません。 大学では、様々な学習オプションから選ぶことができますが、カレッジやその他の機関では専門的な学問分野や小さめでより個人的な学習環境を与えられることがあります。 国によって事情も異なりますが、高等教育の主な種類は以下の通りになります:

  • 様々な学問分野ですべてのレベルの学位を授与する研究をベースにした大学。
  • ファイナンス、会計学やマーケティングのような分野でビジネスに関連する学位を提供するビジネス学校
  • 理学、テクノロジー、工学や数学の学位に焦点をおいている高等工業学校
  • 美術と芸術に関連する写真撮影、絵画や舞台のような分野に焦点を当てる美術学校
  • 初等・中等教育レベルの教師の資格を与える教育高等学校や教師高等学校

学士号を取得することに興味を持っている学生は、特定の言語や地域研究のような専門性の高い研究分野に焦点を当てていきたい場合には、海外留学も検討した方が良いです。 毎年海外留学を選択を学生はおおよそ400万人に近いことから、高等教育におけるすべてのレベルの学生は以前より流動性のある学習生活ができることがわかります。 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の統計研究所(UIS)の情報によりますと、国外で勉強している学生の数が国内に勉強している学生の数より大きいです。その国の中に、バミューダ、リヒテンシュタインやルクセンブルクが含まれています。 留学生の4分の1以上は東アジアおよび太平洋諸国の出身であり、そしておおよそ15%は北米とヨーロッパから来ています。 留学生の約30%はアメリカまらはイギリスで勉強をしており、その次にはオーストラリア(8%)、フランス(7%)、並びにドイツ(6%)があります。

海外で学士号を取得することにはいくつかの理由が挙げられます:

  • どの学問分野でも多数のプログラムの中から選ぶことができ、学生の趣味や学習スタイルに合わせたプログラムが必ず見つけられます。
  • 新しい言語を学べることとその言語が使われている国に関連する学位を手に入れられること。 例えば、中国語を勉強するには一番最適した国は当たり前ながら中国であろう!
  • 異文化に囲まれて勉強すること。 外交官や国際ビジネスにおけるキャリアを目指す学生は、異文化の中で勉強することによって、貴重な体験が身につけることができます。 海外留学をしている学生は様々な国の人を合うことができ、一生続く人間関係を作ることができます。
  • 学生の母語と異なる言語を使う国の場合、言語能力の向上。

学士号を手に入れたいと考えている学生は、母国の大学か海外の大学を選ぶ時に以下のことについて検討することが勧められています:

  • 生活費を含めたプログラムの費用。 安いまたは無料の授業料を提供する大学もありますが、一方で、生活費と交通費が高くなる場合もあります。 しかし、学生の母国でも、海外留学先の国でも、たくさんの奨学金が提供されています。 これらの奨学金制度によって、学費だけではなく、生活費や交通費をカバーすることができます。
  • 必要とされる言語能力。 学部れべるプログラムの大半数は海外留学先の国の言葉で行われています。 授業が行われている言語の能力が不足しているのであれば、言語スキルを身につけるために留学を一年ほど延長することが必要になることもあります。 英語、スペイン語やフランス語のような一般的に知られている言語なら、母国でもそのコースを受け、言語能力を身につけることができますが、セルビア語のような少数派の言語の場合、留学先の国において直接に勉強した方が勧められています。 広く知られている言語でさえ、言語学習は留学先の国で参加した方が効果が高いと感じる学生もいます。
  • フルタイムやパートタイムなど、提供されている学習タイプ。 留学生の多く、特に学部レベルの学生には、大学でフルタイムで勉強することが求められることが一般的です。 しかし、すでに海外で仕事に勤めている外国人の場合は主な焦点が仕事におかれているので、学士号プログラムにパートタイムで参加することも許されます。
  • 家族を持つ学生の場合、家族への影響。家族のメンバーも言語学習をしなければならないこともありますし、配偶者のキャリアやこどもの学校生活が中断こともあります。

世界中の大学と学士号プログラムについてチェックしてみてください。 自分が探しているものははっきりしているのであれば、特定の国やプログラムのリンクにクリックしてみてください。 これからの予定は未定であれば、世界中の様々な学士号プログラムについてゆっくり読んでみてください。